ファッションセンターしまむらといえば、主婦が働きやすい職場との評価もしばしば耳にします。主婦たちがファッションセンターしまむらを働く場に選ぶ理由には「M社員制度」があるということが、そのひとつに挙げられます。しまむらのM社員とは パート社員のことを指します ただ しまむらのM社員は、世間でいうパートとは少し位置づけが違っています。しまむらの場合、M社員とは、能力がありながらも、育児があるなどでフルタイムで働くことが難しい主婦などを対象とした職種という位置づけであるため、パートとはいえ、その待遇や給料は高く設定されています。そういうこともあってか、新規にファッションセンターしまむらの店舗が開店しM社員の募集が行われるときは、求人倍率が10倍近くにのぼることもあるのだとか。
IMG_9523.JPG

ファッションセンターしまむらのM社員制度は、主婦が家事と仕事を両立することを想定してつくられた制度です。ですから、M社員たちが家事と仕事を両立しやすいように工夫が凝らされています。例えば、しまむらが忙しい日曜日もM社員は月1〜2回は休暇をとることができます。それは、子供の学校行事にも対応できやすいようにという配慮です。

» 

古びた駅舎、郷土の食材を使った駅弁、出会う人々、車窓に流れる四季折々の風景・・鉄道をつかった旅にはさまざまな魅力があります。

スポンサーリンク

買い物をしながら心に留まる風景を見つけるのも、お出かけの醍醐味であると感じます。

スポンサードリンク

井上晴雄 絵画作品集〜日本の旅風景〜
(PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。