IMG_9547.JPG
▲ファッションセンタ−しまむらは大人気の衣料専門店。採用試験は狭き門

 センター試験の季節ですね。試験といえば、全国のファッションセンターしまむらでも採用試験が随時行われています。

ファッションセンターしまむらの店舗スタッフ求人については、しまむらグループHPの
店舗スタッフ採用ページ
http://www.shimamura.gr.jp/recruit/open/
にて求人情報を得ることができます

あとは、求人サイトINDEED(しまむら)
http://bit.ly/1ba2cYJ
でも、ファッションセンターしまむらの求人情報が整理して載っています

しまむらグループHPにおいては、希望の都道府県を選び、検索ボタンを押すと、その都道府県で店舗スタッフを募集している店舗の一覧が表示されます。そして、表示されたその店舗名をクリックすると、職種、勤務条件(勤務時間帯など)、時給、待遇および福利厚生、販売品目、応募方法などがずらずらと表示されます。

ファッションセンターしまむらの店舗スタッフの面接は、各店舗によってやり方が異なる場合もあるかもしれませんが、私の聞く範囲であれば、面接の折に簡単な筆記試験も行われるようです。といってもセンター試験ようにいろいろな科目が課せられるわけではなく、簡単な計算問題(足し算や引き算など)が20問くらいと、図形などをつかった文章問題5問ほどを約3分の制限時間で解くのだとか。センター試験の同じく制限時間があるといっても、内容は簡単なので基本的な算数ができれば問題ないようです。ただ、店長の前で解くので、センター試験のように緊張感を覚える応募者も中にはいるそうです。

ファッションセンターしまむらでは、センター試験をすらすら解けるような高い学力は求めていませんが、レジ打ちはじめ、算数の基礎知識や機敏さ、正確さなどが職務に求めらますから、そういった適性をセンター試験のように制限時間を設けた筆記試験をすることで試しているのでしょう
IMG_9460全都道府県に店舗がある ファッションセンターしまむら。その人気は年々上昇中.JPG
▲全都道府県に店舗がある ファッションセンターしまむら。その人気は年々上昇中

 筆記試験があるといっても、ファッションセンターしまむらは 筆記試験の成績が全てではなく、面接で人柄もしっかりと評価して採用・不採用を決定するようです。店舗に来たお客に心地よい気持ちで買い物を楽しんでもらうには、明るさや笑顔など、人柄が何より重要な要素ですものね。

 しまむらグループは、ここ10数年で急成長を遂げ、国内の衣類専門店においては、ユニクロに次ぐ第2位の
ポジションにまで躍進しました。その高い知名度や待遇の良さなどからも、採用情報が掲載されるたびに、応募者はとても多く、採用は狭き門だと聞きます。パートといっても、倍率も高く、より優れた人材を採用しようと、採用担当者は応募者を細かくチェックすると考えられます。面接では持ち物として筆記用具は持参し、基本的にはスーツなど正装でいくのが良さそうです。

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね

スポンサーリンク

季節ごとに行われるセールで、季節外れの衣類を安く買って来年用にとっておけば、節約できたりします

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。