ファッションセンターしまむらを運営する「株式会社しまむら」は、いくつかのブランドを展開しています。そのひとつが「アベイル(Avail)」です。

 アベイル(Avail)は、ファッションセンターしまむらと同じく、衣類を中心に販売している店舗群です。ただ、その客層は少し異なっています。ファッションセンタ−しまむらが中高年の主婦を主なターゲットにしているのに対し、アベイル(Avail)は、10代〜30代の若者(男女)を主なターゲットに置いた商品を中心置いているのです。、おしゃれをしたい若者が好むような、ファッション性の高い婦人服、センスのよい紳士服などを多数品揃えしているのです。また、子供服の品揃えも豊富です。

 アベイル(Avail)の沿革は1996年に株式会社アベイルが「カジュアル&シューズ アベイル」1号店を開店したことから始まります。2006年には東京都江戸川区に、西葛西ファッションモール「しまむら・アベイル・バースディ」を開店。以降、全国に展開し、現在全国に200店舗以上が全国に点在しています。

 ファッションセンターしまむらとアベイル(Avail)が共通している点は、置いている商品の種類がとにかく多いということ。そのデザインや色彩は正に千差万別です。しかも、商品はどんどん入れ替わっていきます。一般的な量販店は、いつ行っても同じような商品ばかりが並んでいることが少なくないです、アベイル(Avail)は違います。アベイル(Avail)に行くたびに、また新しい商品がどこかに見つかるのです。それは、消費者にとって、買い物の選択肢を広がるということであり、大きなメリットであるといえるでしょう。

 アベイル(Avail)の商品が多種多彩なのは、アベイル(Avail)のバイヤーが、さまざまな仕入先を廻り、その時代の流行や売れ筋を考えた上で、仕入れを行っているからです。結果的に、同じような商品は、数点ずつしか置いていません。ですから、アベイルでは、思わぬ掘り出し物や、自分の嗜好に合った商品がみつかりやすいと好評なのです。なお、アベイルの商品は、ファッションセンターしまむらの商品より全体的に少しだけ値段が高い傾向がありますが、お値打ち価格である点は共通していて嬉しい限りです

 ファッションセンタしまむらとアベイル(Avail)で異なっている点は、ターゲットとする客層のほか、営業時間もあります、ファッションセンターしまむらの店舗の営業時間は10〜19時に設定されていることが多いです。それに対し、アベイル(Avail)の店舗は若者の動向に合わせて、11〜20時(土日は10〜20時)と一時間後ろにずらした営業時間を設けている店舗が多いです。

 ちなみに、ファッションセンターしまむらと同じく、アベイル(Avail)も、新聞の折込チラシで、各店舗に置かれているセール商品や値引きセールを知ることができます。ただ、新聞をとっていない人もこのご時世では少なくありません。ですから、しまむらグループはホームページのなかに、アベイル(Avail)のデジタルチラシを掲載することで、新聞をとっていない人でも、自由にアベイル(Avail)のチラシを閲覧することができるようにしているのです。

 アベイル(Avail)の店舗はほとんどが地方都市に集まっており、東京都内のアベイル(Avail)は2014年現在、あきる野市、江戸川区、青梅市に各1店舗ずつしかまだありません。ただ、ファッションセンタ−しまむらのここ10数年の店舗展開からみて、アベイル(Avail)も東京都内に今後、店舗数を増やしていく可能性が高いと思います。しまむらグループの右肩上がりの発展を考えると、アベイル(Avail)ファッションを着こなす若者が都心にあふれるのも、時間の問題かもしれません。

東京都内にあるアベイル(Avail)の店舗一覧

「CASUAL&SHOESアベイルあきる野店」
(住所)東京都あきる野市油平239-1
(電話)042-532-5315
(営業時間)11〜20時
※土日祝の営業時間:10〜20時

「CASUAL&SHOESアベイルサニーモール西葛西店」
(住所)東京都江戸川区西葛西4-2-28
(電話)03-5679-5228
(営業時間)10〜20時

「CASUAL&SHOESアベイル青梅店」
(住所)東京都青梅市新町2-40-8
(電話)0428-30-0370
(営業時間)11:00〜20:00
※土日祝の営業時間:10〜20時

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね スポンサーリンク

季節ごとに行われるセールで、季節外れの衣類を安く買って来年用にとっておけば、節約できたりします

<心が疲れたあなたに癒しの世界を> ・井上晴雄さんの絵画作品集

(PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。