洋服店のファッションセンターしまむらは、どの店舗に行っても 明るく統一感がある雰囲気を保っていて、安心感を覚えます。清潔感のある大理石の床、高い天井、明るい照明、婦人服、紳士服、キッズといった充実の商品ラインナップ・・。一方で、店舗ごとに陳列している商品の種類はそれぞれ微妙に異なっているので、洋服店のファッションセンターしまむらは、複数の店舗を廻っても、飽きることがありません。
IMG_9552洋服店のファッションセンターしまむらのいくつかの店舗をハシゴするのも楽しい.JPG
▲洋服店のファッションセンターしまむらのいくつかの店舗をハシゴするのも楽しい

洋服店のファッションセンタ−しまむらが、統一感ある店内と、個性ある商品の品揃えを両立できているのは、消費者にとって願ってもない良い状況で、そういったことができる洋服店はなかなか他にはないと思います。 

その秘密は、洋服店のファッションセンターしまむらが導入している、コントローラー制と呼ばれるシステムにあるようです。

他の洋服店の多くはブロックリーダーやスーパーバイザーなどが各店舗にいて、店舗主体で在庫管理から発注まで行っています。一方で、ファッションセンターしまむらの場合、そういった業務は、しまむらの本部が一括して行っています。どのような商品をどれだけの枚数発注すればいいか、値段の変更をどうすればよいかなど、オンラインで情報管理しているしまむらの本部が一括して行っているのです。

しまむらの本部のコントローラーたちは、オンラインで全国の店舗の状況を把握し、コンピューター制御による発注や在庫管理を行っています。そのデータは正確かつ最新です。そして、しまむら本部のコントローラーたちは自社内の物流システムに指示を出し、各店舗に新商品を運送する指示を出すのです。

しまむら本部が全国のファッションセンターしまむらの店舗を管轄をしているだけに、洋服店のファッションセンターしまむらのそれぞれの店舗には統一感があり、それでいて、店舗によって違った商品を揃えることができるのです。

ちなみに、洋服店のファッションセンターの従業員たちは、出社したらそれらの商品をとりだし、タグをスキャンし陳列するだけなのだといいます。ファッションセンターしまむらの各店舗の従業員たちは、発注等の負担がなく、販売に集中できるのです。結果的に、洋服店のファッションセンターしまむらのスタッフたちは お客の要望に迅速に対応するなどきめ細やかな接客をできるのです。

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね スポンサーリンク

季節ごとに行われるセールで、季節外れの衣類を安く買って来年用にとっておけば、節約できたりします

<心が疲れたあなたに癒しの世界を> ・井上晴雄さんの絵画作品集

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。