(地図)ファッションセンターしまむらとディバロが入店している「貝取ファッションモール」(東京都多摩市)

大きな地図で見る
ここ10数年で、アパレル業界を中心に商業環境は大きく変化しました。1990年代は、ひとつの店舗でなんでも揃うような大型ショッピングセンターが重宝されがちでしたが、それではなかなか個性が出せなくなり、消費者離れが加速していきました。

そのようななか、株式会社しまむらが10年ほど前から力を入れているのが「ファッションモール」という形態です。ショッピングモールとは、さまざまな業態のブランドを集結させ、それぞれ個性を存分に発揮させることで、消費者に、それぞれの生活シーンに合った専門性の高い商品を提供することを狙ったショッピング施設です。

株式会社しまむらは、ファッションセンターしまむらのほかに、シャンブル、ディバロ、バースデイといったいくつかの複数ブランドを展開しているだけに、それらを複合集積させた「ファッションモール」構想は現実化しやすく、まさにうってつけでした

>>しまむらの展開する各ブランドについての記事はこちら

しまむらの「ファッションモール構想」、そこでは、ファッションセンターしまむらをはじめ、アベイル、シャンブル、バースデイなどそれぞれのブランドを集積させることで、お客により利便性の高い環境で買い物を楽しんでもらうことを、株式会社しまむらは目指しました。また、ファッションモールとして同じ場所にしまむらグループのブランドを集めることで、物流やオペレーションを最大限に効率化することも考えました。その結果、消費者には、それぞれの業態のもつ魅力を同じエリアにいながらいかんなく享受できるというメリットが生まれたのです。



たとえば、東京都多摩市にある しまむらのファッションモール「貝取ファッションモール」には、ファッションセンターしまむらとディバロの店舗が入店しています。ファッションセンターしまむらは、若者〜中高年向けの婦人服を中心に数万点のアイテムを揃えている洋服店。ただ、婦人服以外の商品、たとえば靴となると、置いてはいるものの多くはありません。一方、ディバロは、婦人向けの靴専門店です。数多くのデザインや色彩、大きさの婦人靴を豊富に品揃えしているのです。


つまり、しまむらのファッションモール「貝取ファッションモール」に訪れたお客は、ファッションセンターしまむらで婦人服を選び、ディバロで婦人服を選ぶといった買い物をスタイルをとることができるのです。同じファッションモール内に両店とも入っているだけに、お客は移動時間のロスなく効率よい買い物をすることが可能となるのです。

株式会社しまむらは、ファッションモール構想の第一弾として、2000年に西大宮ファッションモールを開業。以降、ファッションモールの数を全国に増やしていきました。そして現在、全国にしまむらのブランドが複数入店した「ファッションモール」は120ヶ所以上にまで増えています。ちなみにそのなかで、ファションセンターしまむら、アベイル、シャンブル、バースデイの、株式会社しまむらの4ブランドが勢ぞろいしたファッションモールは10ヶ所以上を数えます。

東京都内には、ファションセンターしまむら、アベイル、シャンブル、バースデイの4ブランドが勢ぞろいしたファッションモールは2014年時点で存在しないのですが、そのうちの2〜3ブランドが複合入店したファッションモールは以下の5ヶ所があります

【しまむらグループの店舗が複数入店する東京の「ファッションモール」】

青梅ファッションモール
(しまむらグループの店舗)バースデイ、シャンブル、ディバロ
(住所)東京都青梅市新町9-2-4
(電話)0428-33-9231
(営業時間) 10:00〜19:00

貝取ファッションモール
(しまむらグループの店舗)ファッションセンターしまむら、ディバロ
(住所)東京都多摩市貝取3-8 (コープ貝取 2F)
(電話)042-357-1361
(営業時間) 10:00〜20:00

サニーモール西葛西ファッションモール
(しまむらグループの店舗)ファッションセンターしまむら、アベイル、バースデイ
(住所)東京都江戸川区西葛西4-2-28 (サニーモール西葛西 2F)
(電話)03-5679-5201
(営業時間) 10:00〜20:00

狭間ファッションモール
(しまむらグループの店舗)ファッションセンターしまむら、ディバロ
(住所)東京都八王子市狭間町1452-5
(電話)042-669-0030
(営業時間)10:00〜19:00

花小金井ファッションモール
(しまむらグループの店舗)ファッションセンターしまむら、バースデイ
(住所)東京都小平市花小金井3-22
(電話)042-479-0762
(営業時間) 10:00〜20:00

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね スポンサーリンク

季節ごとに行われるセールで、季節外れの衣類を安く買って来年用にとっておけば、節約できたりします

<心が疲れたあなたに癒しの世界を> ・井上晴雄さんの絵画作品集

(PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。