ファッションセンターしまむらは、商品の在庫管理をPOSシステムと呼ばれる、コンピューター制御により行っています。POSシステムとは、Point of sale systemの略で、コンピューターが物品販売の売上を単品単位で集計することの意です。
ファッションセンターしまむらは全国に1000店舗以上。それぞれの店舗は本部とオンラインで結ばれている.JPG
▲ファッションセンターしまむらは全国に1000店舗以上。それぞれの店舗は本部とオンラインで結ばれている

他の衣料専門店の多くは、商品の発注や在庫管理といった複雑な判断を伴う作業は、人間が行っていることがほとんどです そこで活躍するのは店長をはじめとするいわゆるベテラン勢。彼らは、長年のキャリアにおけるノウハウの蓄積から、売れ筋商品などを考えて、数字をたたき出しています

しかし、ファッションセンターしまむらは、そのように本来、人間が行うべきに思える作業のほとんどをコンピューターに任せています。そこでは、しまむら本部のPOSシステムが稼働。しまむらのPOSシステムは、しまむら各店舗における各商品の状況をデータ化し把握しています。しまむらの商品は、一商品ごとに、納品場所や在庫数、売上数などが、しまむらのPOSシステムによって終始管理されているのです。

しまむら本部のPOSシステムは、それぞれの商品を売り切るために、適正な在庫数や値段を自動算出します。値段については、売れ残りそうな商品があるならば、コンピューターが自動的に値下げをするか否か判断を下します。また、他のしまむらの店舗で売れそうな商品ならば、その商品をその店舗に移送するよう指示を出します。そこでは、各店舗における在庫と販売数のバランスを保つようにコンピューターによる自動計算がなされています。在庫を保ちつつ、売れにくい商品を他の店舗に移動させ、新しい商品を入荷。または、商品が売れた場合、在庫が品薄にならないように、新しい商品を自動発注。

一アイテムごとにその状況を把握するしまむらのPOSシステムからだこそ、人間が発注するよりも格段に高い確率で商品は売り切ることができるのだといいます。ただ、しまむらのPOSシステムも万全ではありません。たとえば、天候や季節の変化までは計算できないからです。または、コンピューターはいつ誤作動するかわかりません。そういった調整や管理は、やはり人間の判断力が有効になってきます。

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね スポンサーリンク

季節ごとに行われるセールで、季節外れの衣類を安く買って来年用にとっておけば、節約できたりします

<心が疲れたあなたに癒しの世界を> ・井上晴雄さんの絵画作品集

(PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。