洋服店の「ファッションセンターしまむら」をはじめ、株式会社しまむらは、新聞の折込チラシなどを通して、しまむらグループの最新情報を消費者に伝えています。しまむらのチラシを通して消費者は、各店舗でのおトクなセール商品や値引きセールを知ることができるのです。
image (1).jpg
出典 cocoa-club.net

しまむらの「チラシ」といえば、新聞をとっていなくても、パソコンなどでインターネットにつなげば無料で閲覧できるようになっています。それが、しまむらの「デジタルチラシ」です。しまむらのデジタルチラシは、しまむらの公式ホームページからアクセスすることができるのですが、そこでは、しまむらグループの各ブランド(ファッションセンターしまむら、アベイル、バースデイ、シャンブル、ディバロ)のデジタルチラシを一式、閲覧することができます。

そこで、しまむらグループの各ブランド(ファッションセンターしまむら、アベイル、バースデイ、シャンブル、ディバロ)の簡単な紹介と「デジタルチラシ」のリンクを以下にまとめてみました。お買い物のご参考になれば幸いです。

ファッションセンターしまむら
株式会社しまむらが手がける洋服店で、全国に1300以上の店舗があります。中高年向けの実用性の高い衣類を中心に、紳士服、ベビー用品、布団カバー、靴など幅広い品揃えとリーズナブルな商品価格でリピーターが多いのが特徴。ここ10年数年は、パリやミラノなど世界のファッションやトレンドを取り入れた衣類も多数入荷していて若者のなかでも人気が高まっています。カリスマモデルの益若つばささんはじめ、しまむらファッションを着こなす芸能人たちも多数あらわれ、「しまラー」という流行語も生まれました。
>>「ファッションセンターしまむら」のデジタルチラシはこちら

アベイル
1996年から株式会社しまむらが展開している、衣類を中心に扱う店が「アベイル」です。アベイルは10代〜30代の男女をメインターゲットとしており、ファッションセンターしまむらと比べて、若者向けのファッション性の高い衣類を多く品揃えしているのが特徴です。2014年現在、アベイルは全国に200店舗以上があります。東京都内のアベイルは以下の3店舗。・「CASUAL&SHOESアベイルあきる野店」(東京都 あきる野市、「CASUAL&SHOESアベイルサニーモール西葛西店」(東京都 江戸川区)、「CASUAL&SHOESアベイル青梅店」(東京都 青梅市)
>>「アベイル」のデジタルチラシはこちら

バースデイ
バースディ(Birthday)は、株式会社しまむらが手がけるベビー用品の専門店です。リーズナブルなベビー服を中心に、おもちゃ、子供向けDVDなど、子供や幼児に関するグッズを多数揃えています。2014年現在、東京都内には、東京都江戸川区に「バースデイサニーモール西葛西店」、東京都青梅市に「バースデイ青梅店」、東京都小平市に「バースデイ花小金井店」、東京都西多摩郡に「バースデイ日の出店」の4店舗のバースデイがあります。
>>「バースデイ」のデジタルチラシはこちら

シャンブル
シャンブルのキャッチフレーズは「おしゃれ生活」で、女性向けのかわいい雑貨を中心に品揃えています。フレグランスはタレントのローラさんなどとのコラボ商品も人気です。衣類ではパジャマ、レギンス、パーカー、二重編みソックスほか。収納グッズでは、マルチラックや収納ストッカーなども人気。また、電子レンジでナンを焼く「今日はナンの日」や炒めてすくって挟める便利な「ラビットング」といった便利グッズも揃えています。2014年現在、東京都内にはシャンブル(chambre)は東京都青梅市に一軒あります
>>「シャンブル」のデジタルチラシはこちら

ディバロ
しまむらが手がける靴専門店が「ディバロ」です。「ディバロ」のメインターゲットは15〜35歳くらいの女性。カジュアルで使い勝手のよい婦人靴を中心に、紳士靴や子供向けの靴など置いています。2014年現在、東京都内には以下の3店舗のディバロがあります。・「ディバロ(青梅ファッションモール店)」 、「ディバロ(狭間ファッションモール店)」 、・「ディバロ(貝取ファッションモール店)」
>>「ディバロ」のデジタルチラシはこちら

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね スポンサーリンク

季節ごとに行われるセールで、季節外れの衣類を安く買って来年用にとっておけば、節約できたりします

<心が疲れたあなたに癒しの世界を> ・井上晴雄さんの絵画作品集

(PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。