ファッションセンターしまむらは日本でユニクロに次ぐ第二位の売上高を誇るアパレル専門店です。アパレル専門店というと、衣類のみを品ぞろえしているイメージを持ちがちですが、ファッションセンターしまむらに限ってはそうではありません。ファッションセンターしまむらの店舗に行くと、確かに婦人服は多いですが、それ以外に、紳士服、ベビー用品、靴下、靴、ふとんカバー、雑貨、インテリア・・などと、とにかく商品のカテゴリーが多彩なのです。「消費者が欲しい商品をできる限りたくさん品ぞろえする」それをファッションセンターしまむらを運営する株式会社しまむらは第一に考えているようです。
IMG_9523.JPG
▲ファッションセンターしまむらは婦人服はじめ、紳士服、布団カバー、子供用品など商品カテゴリーが豊富

 消費者はセーターを買いに行けば、ときにはズボンや靴下なども同時に欲しくなるときもあるもの。しかし、日本のアパレル専門店の多くは、狭いカテゴリーに特化しているため、消費者はセーターを買ったらズボンと靴下については他の店にわざわざ足を運ばねばなりません。そういった消費者のニーズに応えて、ファッションセンターしまむらでは、生活にかかわる商品を広範囲で揃えているというのです。

 株式会社しまむらが消費者視点で考えていることのあらわれは、地方のしまむらの店舗の一部で、麦わら帽子が売られていることも挙げられるでしょう。ファッションセンターしまむらはトレンド商品を扱うアパレル専門店ですから、麦わら帽子とは、普通はありえない商品といえるかもしれません。しかしファッションセンターしまむらではそれらを敢えて置くことで、その地域で暮らす農家の人々のニーズも満たしているのです。

 ファッションセンターしまむらは一店舗あたり300坪ほども広さがあるのだそうです。その空間を十二分に活用して、ファッションセンターしまむらは、生活にかかわるさまざまな商品を品揃えしています 多アイテム、多カテゴリーの商品をリーズナブルな値段で提供する。それを消費者の視点で考えて実際に実行している。それがファッションセンターしまむら人気の大きな理由のひとつであることは間違いないでしょう。

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね スポンサーリンク

季節ごとに行われるセールで、季節外れの衣類を安く買って来年用にとっておけば、節約できたりします

<心が疲れたあなたに癒しの世界を> ・井上晴雄さんの絵画作品集

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。