ピカピカに磨かれた大理石の床、白・ピンクを基調にした落ち着いた壁、お得商品を集めたワゴン、店員さんの笑顔とてきぱきした動作・・
IMG_9523.JPG
 洋服店のファッションセンターしまむらの店舗に足を運べば、いつも、そういった同じ景観がそこにはあります。しかし、商品をじっくりみると、微妙な変化に気付かされます

 というのは、靴下、肌着、布団カバーなど量販ものはそうでもないのですが、衣類などについては、陳列している商品が前回来たときと少しだけ変わっているのです。

 デパートやスーパーなどでは、いつ行っても、商品にほとんど変化がなくお目当ての商品がなければ、私はすぐに店を立ち去ることが多いです。しかし、洋服店のファッションセンターしまむらの場合、足を運ぶごとに、陳列している商品が変化しているだけに、改めて店舗を廻っても飽きることがありません。

 もともと、洋服店のファッションセンターしまむらが品揃えしている衣類は、種類が多くバラエティ豊かなのですが、さらにそれが来るたびにそのラインナップが微妙に変化をしているとなると、全く違うしまむらの店舗に来たような新鮮さがあるのです。結果的に、前回、洋服店のファッションセンターしまむらに来た時は見つからなかったお目当ての商品がそのとき見つかるといったことが多々あるのです。

 話によると、洋服店のファッションセンターしまむらでは、商品の鮮度を保ち、消費者を飽きさせないための工夫をいくつもしているのだとか。たとえば、店舗によりますが月ごとに商品を入れ替えることが多いのだそうです。また、それに加え、近隣の店舗との間で、数点単位で商品を行き来させることもしているのだそうです。

 少し違うかもしれませんが、イメージとしては、回転寿司のような感じでしょうか。同じ商品が、近くの数店舗をぐるぐる回っているのです。それも、店の新鮮さを保ち、消費者が同じしまむらの店舗に来ても飽きさせないための工夫のひとつなのだそうです。
IMG_9421.JPG
 何気なく足を運ぶ洋服店のファッションセンターしまむらですが、消費者が分からないところで、しまむらの従業員たちは、消費者のことを第一に考え店の鮮度を保つための努力をしているのです。一見すると、洋服店のファッションセンターしまむらは、アパレル専門店のなかで地味な存在かもしれません。しかし、派手さを敢えて出さず、そういった陰の努力を重ねていることが、リピーター獲得につながっているのではないかと思いました。

 今や、しまむらといえば、国内においてユニクロに次ぐ全国2位の売上高を誇るアパレル専門店に成長し、洋服店のファッションセンターしまむらの店舗数は全国に1300店舗を越えたそうです。消費者のことを考え、長年かけて地道に努力してきたことがこういった成果につながっているのではないかと感じました。

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね スポンサーリンク

季節ごとに行われるセールで、季節外れの衣類を安く買って来年用にとっておけば、節約できたりします

<心が疲れたあなたに癒しの世界を> ・井上晴雄さんの絵画作品集

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。