10数年前まで、衣料品といえば大手デパートが圧倒的な勢力を誇っていました。そんななか、ファッションセンターしまむらやユニクロといった衣料専門店が急速にシェアを伸ばし、近年、売上高でそれらを追い抜いてしまいました。
IMG_9523.JPG
 ファッションセンターしまむらは、国内の衣料専門店のなかで現在、ユニクロに次ぐ全国2位の売り上げを誇る洋服店にまで成長しました。なぜそこまでファッションセンターしまむらが躍進したかというと、そのひとつは独自のアイデアで「他社に真似できない基盤」をいち早く確立したことが挙げられます。

 というのは、ファッションセンターしまむらは、店舗開発、流通、不動産、在庫管理など本来専門業者に委託するところを、自分たち独自のアイデアを形にすることで、利益をあげる仕組みをつくりあげてしまったのです。

 たとえば、ファッションセンターしまむらのつくりあげた「コントラー制」と呼ばれるシステムは、、商品の在庫や売れ行きをコンピューターが管理し、処理するというもの。それをコンピューターが世間にまだ普及していない1970年代に行ったのです。コントラー制の導入にはもちろん初期費用はかかったものの、結果的に、人件費の大幅カットと流通の効率化を促しました。

 また、ファッションセンターしまむらのバイヤーたちは、完全買い取り制という、他社の行っていない手法での買取も行っています。それは、仮に商品が売れなくても、ファッションセンターしまむらは、取引先に対し、値引き要求も返品もしないというもの。一般的に、販売側は、売れなければ返品したり値引き要求するのが常識ですから、ファッションセンターしまむらの「完全買い取り制」はまさにその常識を根底から覆したということになります。

 結果的にしまむらは500を超える取引先を抱え、他社より良い条件で商品を仕入れることに成功しました。
さらに、ファッションセンターしまむらの各店舗では、オリジナル性の高い商品を多アイテムで仕入れて品揃えすることで、店舗の鮮度を新鮮に保つことも可能にしたのです。

 いつしかファッションセンターしまむらの店舗数は1300店舗を越え、現在も堅実に成長をしつづけています。そこまで至る道のりの過程には、ファッションセンターしまむらの社員やパートたち独自のアイデアで築き上げた「他社に真似できないアイデア」の積み重ねがあったように思います。

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね スポンサーリンク

季節ごとに行われるセールで、季節外れの衣類を安く買って来年用にとっておけば、節約できたりします

<心が疲れたあなたに癒しの世界を> ・井上晴雄さんの絵画作品集

(PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。