ファッションセンターしまむらの求人が紙面やネット上にでると、ときに数十倍の倍率になることもあるそうです。

 なぜそこまでファッションセンターしまむらで働くことを希望する人が多いかというと、そのひとつに、ファッションセンターしまむらは、システムがしっかりとしているという点が挙げられます。
IMG_9421.JPG
 たとえば、ファッションセンターしまむらは、働きたいけれど家事や育児でフルタイムで働けない主婦たちにM社員制度を設けています。M社員は、パートでありながら、社員に準じた給料が支給され、年に二回のボーナスも支給されます。さらに、優秀な人材は、本来、社員が就く店長職への道も用意されています。

 また、ファッションセンターしまむらには、会社をより効率よく回転させ、それぞれのスタッフが働きやすい場にしようという意気込みが常にあります。たとえば、接客の仕方から商品の陳列に至るまでファッションセンターしまむらには、独自の「マニュアル」があるのですが、それらは社員やパートの声が反映させる仕組みになっています。社員やパートから改善要望を集めてそれを汲み入れたマニュアルが毎年のように更新しているのです。

 なお、「働きやすい職場」という観点ではファッションセンターしまむらでは、「公平」という点も働きやすい理由だと聞きます。たとえば、年齢、出身校、性別などで差別されることがファッションセンターしまむらでは基本的にありません。さらに、小さい失敗ならば、それは人間を伸ばすものだという前向きな考えが浸透しているため、仕事はハードでありながら、やりがいがあって働きやすいと聞きます。

 さらに、ファッションセンタしまむらでは、基本的に残業というものがないという点も喜ばれているポイントです。家庭を持つ社員やパートたちは、どうしても残業が気になってしまうもの。家で子供たちはどうしているだろう?今日の夕ご飯はどうしよう?などと考えてしまうわけです。その点、ファッションセンターしまむらでは、徹底したマニュアルにより仕事を計画性をもって進めるため、社員やパートは閉店時間の15分後には基本的に退社となります。つまり、ファッションセンターしまむらの社員やパートたちは、仕事が終われば、家族と過ごす時間をあらかじめ計算してしっかりつくることができるのです。

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね スポンサーリンク

季節ごとに行われるセールで、季節外れの衣類を安く買って来年用にとっておけば、節約できたりします

<心が疲れたあなたに癒しの世界を> ・井上晴雄さんの絵画作品集

(PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。