洋服を買う時、試着は欠かせませんよね。ファッションセンターしまむらでも、セールの時など、試着室に行列ができています。

▽ファッションセンターしまむらの試着室
ファッション センター しまむら 試着室.JPG
 私のよく行くファッションセンターしまむらの場合、試着室は入口が扉タイプ。上下が空いているのは、ちょっと見えそうで恥ずかしいときもありますね。カーテン式のほうが良いと思うこともありますが、扉部分に鏡が貼ってあるのは良いと思います。

 行列して試着を待っている間にも、その鏡に服を映したりしながら待つことができるからです。

 また、試着室内の鏡はふつうは1枚しかないところが多いですが、ファッションセンターしまむらの試着室の場合、前方と側面と、2枚の鏡が設置されています。そのため、試着した状態をいろんな角度から確認することができて、とても便利だと感じます。

 ファッションセンターしまむらのこの2枚の鏡は、見る方向によっては、三面鏡のような役割も果たします。鏡の映り込みによって、さらに斜め後ろの姿も見ることができたりするのです。

 ファッションセンターしまむらに行く時は、ついつい色々と試着したくなってしまうので、脱ぎ着しやすい服を着ていくようにしています。きつめのぴったりした服だと、試着もモタモタしてしまいますから…。

 試着室の扉の上下が空いているぶん、そのモタモタ加減も待ってる人に見えてますので、手早く試着できるようにと思っています。
                                      (50代女性)

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね スポンサーリンク

季節ごとに行われるセールで、季節外れの衣類を安く買って来年用にとっておけば、節約できたりします

<心が疲れたあなたに癒しの世界を> ・井上晴雄さんの絵画作品集

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。