私は今年に入るまで、実はしまむらに足を運んだ事はありませんでした。安っぽい物が多い(実際安いですが!)中学生くらいまでの子供の物か、いわゆるおばちゃんくさい洋服しか無いと思っていましたし。
マネキンコーデ.jpg
しかし、30代にさしかかり自分が可愛いと思う物と自分が似合う物にギャップを感じ始めてきた今年、参考にと思い見始めた同世代のおしゃれブロガーさんのブログにたびたび「しまむら」が出て来る事に気づきました。意外と(すみません。)可愛い物があるのかもしれない?行ってみようと思い立ちました!

家から一番近いしまむらに到着し、一歩中に入ると…「わぁー〜〜〜???」そこは宝の山でした!!勿論そこには子供の物や、ちょっとこれは絶対に着れない(汗)と思う物もありましたが!が!そう言う「これはちょっとなぁ〜」な中から自分にぴったりの物を掘り出して行く感覚はまさに宝探しでした!500円のロンT・1900円のカバンなどなど、夢中で吟味に吟味を重ね、気づけば2時間も居座っていたのです(笑)そんなに使わないだろう〜と思って持って行ったお金をほぼほぼ使い切りました。欲しい物がありすぎて危なかったです。

買った物を身に着け、街に出たり友人に会ったりもしましたが、まさかしまむらだとは気付かれてない様子!(またまた失礼。)自分から「これしまむらで500円だった!」とついつい暴露しちゃってるくらいです。ブランド物に執着の無い方、宝探しのようなお買い物が好きな方には本当にお勧めです!

私はその後すっかりしまむらの魅力に取りつかれ、月に1度ほど出かけては新しい商品を物色しています。すっかりしまむらーであり、しまむら貧乏であり。ワードローブがしまむらで埋め尽くされる日も遠くないかもしれません。
                             (口コミ:30代女性)

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね スポンサーリンク

季節ごとに行われるセールで、季節外れの衣類を安く買って来年用にとっておけば、節約できたりします

<心が疲れたあなたに癒しの世界を> ・井上晴雄さんの絵画作品集

 タグ

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。