数年前までは、近所に「しまむら」がありませんでした。「しまむら」に行こうと思うと、車で、少なくとも、1時間半以上は、走らないといけなかったのです。夏休みなどに、遠出して遊びに行って、暗くなった帰り道に「しまむら」を見つけると、「いいなぁ。」と、うらやましくなったりしました。
紺色ズボン.JPG
よく、テレビで「しまむら」の名前を聞いていたので、行ってみたかったんです。幼稚園のママ友も、「実家に帰ると、近くに『しまむら』があるから、子どもの服を買ってきた。」などと、春休みや夏休みなどの休み明けに、話していたりして、まだ見ぬ「しまむら」への思いが、募っていました。

そんな時、公園だったか、子どもの習い事だったか、お母さんたちが集まっている場で、「○○の近くに『しまむら』ができるらしいよ。」「△△ショッピングセンターの中にもできるって聞いたけど。」と噂話をしているのを、小耳にはさみました。どちらも、車で、30分〜40分ほどの場所でした。気になりつつも、その後、なかなか確認できないまま、数か月が過ぎました。

ある日、家族と一緒に車で少し離れたところにあるスーパーマーケットに買い物に行ったとき、その2階フロアに、偶然、「しまむら」を見つけました。○○の近くでも、△△のショッピングセンターでもなく、予想もしていなかった場所に「しまむら」ができていました。

びっくりしつつも、ようやく出会えた「しまむら」の店内を、残すところなく見て回り、どんなものが、いくらで売っているのか、一つ一つ手に取って確認して回りました。ひと通り店内を、探索して、そういえば、スポーツをしている長男に、トレパンが要るんだ。と、紺色のトレーニングパンツを買いました。少し大きめを買ったので、まだ、着ていませんが、長男も、「カッコいい。」と、着るのを楽しみにしています。

結局、いつの間にか、車で40分以内の場所に、「しまむら」が、3店もできていて、びっくりしてしまいましたが、これから、ちょこちょこ、利用していきたいと思います。
                                    (口コミ:40代女性)

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね スポンサーリンク

季節ごとに行われるセールで、季節外れの衣類を安く買って来年用にとっておけば、節約できたりします

<心が疲れたあなたに癒しの世界を> ・井上晴雄さんの絵画作品集

 タグ

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。