私はかつて、ファッションセンターしまむらのパート社員として約2年間仕事をしていました。パート社員の仕事内容は店によって違っているかもしれませんが、私は「寝具、雑貨担当」として午前中は商品の検品、陳列を行い、午後からはレジ業務と金庫業務、最後に商品整理などをしていました。
IMG_3780.JPG
しまむらの社員・パート社員には10%割引のチケットがもらえたほか、賞与や社員旅行、高級ホテルでの新年会などいろいろ嬉しい特典がありました。また、パート社員にも福利厚生がついていました。

毎月20日には、しまむらの本社から「売価変更依頼」という、季節物などの値下げ指示書が届きます。その指示書に従って、ファッションセンターしまむらの社員、パート社員たちは、陳列されている商品の中から、売価変更対象となる商品を探し出します。そして、値下げのシールを作り、売り場に値下げしたものだけを集めて不良在庫を残さないよう販売を進めていきます。

私は、雑貨の中から売価変更対象商品を探す作業が大好きでした。もともと服や雑貨などを見るのが好きななことからファッションセンターしまむらに入社しただけに、楽しくて楽しくて。作業をしているうちにあっという間に時間が過ぎていました。

アパレル派遣なび

値下げをするといっても、まだまだ時期が外れる前の値下げなのでお買い得な商品がたくさんありました。値下げした後、自分で買って帰ることもしばしばありましたね。勤務中に、掘り出し物をチェックしつつ、それを無事に買えたときは、「しまむらで働いていて得したな!」と思う瞬間でした。「売価変更依頼」(通称 売変)の作業が終わると、それらの商品が陳列されるのは毎月20日〜25日ぐらいの間です。その時期の夕方に店舗に行くと新たに値下げされた商品が多くあるのでお買い得です。

また、私がパート社員として働いていたファッションセンターしまむらの店舗の場合、新聞折り込みやネットの特売チラシが出るのは水曜日と決まっていました。

ですから、しまむらの社員、パート社員たちは前日火曜日の閉店間近から特売商品の陳列を開始していました。ですから、火曜日の閉店間際にしまむらの店舗に足を運べば、あわよくば、お値打ちの商品をチラシ掲載される前にゲットできる可能性もあるということです。しまむらの社員、パート社員からすると、チラシに掲載される前に売れてしまったらものすごく複雑な気持ちになるし、店長から少し怒られるかもしれませんが。。。。(もし次の日の朝一番に商品がないと苦情の原因になりますので・・)

現在私はファッションセンターしまむらを退職して主婦をしていますが、仕事を辞めた今でもよくしまむらに買い物に行っています。特に雑貨売り場に行くと、ついつい無意識のうちに商品の並びを整えてしまったりする今日この頃です。
                 (元しまむらパート社員の仕事体験談 20代女性)

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね スポンサーリンク

季節ごとに行われるセールで、季節外れの衣類を安く買って来年用にとっておけば、節約できたりします

<心が疲れたあなたに癒しの世界を> ・井上晴雄さんの絵画作品集

 タグ

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。