東京都のしまむら 店舗情報 - 人気の洋服店 ファッションセンターしまむらの店舗を巡る(東京都ほか)

洋服やズボンなど衣類は、品質がよくてリーズナブルな値段で買えるお店を探すのが重要です
スポンサーリンク

ファッションセンターしまむらが、他のアパレルショップと大きく違っているのは、店舗によって品揃えが大きく違っていること。1点ものが中心で、思わぬ掘り出し物がリーズナブルな値段で見つかることも。実用性の高い商品だけではなく、最新の流行もとりいれた洋服や靴などを置いている店舗もあり若者たちからの人気も高まっています。なお、ファッションセンターしまむらは求職者からも人気。ファッションセンターしまむらはじめ、しまむらグループのの求人情報は、しまむらのHPに随時掲載されています。なお、レジ打ちや品出しを担当するアルバイトは【アルバイトEX】などアルバイト求人サイトでも募集されていたりします。
  • ホーム
  • »
  • 東京都のしまむら 店舗情報

カテゴリ:東京都のしまむら 店舗情報

東京都のしまむら 店舗情報のカテゴリ記事一覧。人気の洋服店 ファッションセンターしまむらの店舗を東京都を中心に巡ったレポートや体験談、しまむらに関する雑学や話題などを紹介しています
IMG_9529.JPG▲..

東京都のしまむら 店舗情報
▲東京都足立区にあるファッションセンターしまむら足立入谷店の外観。ファッションセンターしまむら足立入谷店は 東京都足立区にある店舗。最寄駅の日暮里・舎人ライナ…

記事を読む

東京都のしまむら 店舗情報
私が行きつけのしまむらの店舗は、東京都日野市にある「ファッションセンターしまむら豊田南店」です。「ファッションセンターしまむら豊田南店」(東京都日野市)は主要…

記事を読む

東京都のしまむら 店舗情報
皆さんは東京都内にもファッションセンターしまむらがあるの知っていますか?JR山手線沿線ですと、高田馬場にもしまむらがあるんです!ファッションセンターしまむら高田…

記事を読む

東京都のしまむら 店舗情報
ちなみに、私がよく行くしまむらの店舗は、東京都内にあるファッションセンターしまむら西葛西店である。店舗へのアクセスは、地下鉄東西線西葛西駅から歩いて5分ほど。…

記事を読む

I..

東京都のしまむら 店舗情報
Instagramで「#しまパト」にてHarris Tweedとのコラボを知り、いざ「しまパト」デビューへ!私がシマパトに向かったしまむらの店舗は、東京都内にあるファッションセンタ…

記事を読む

東京都のしまむら 店舗情報
子供の洋服を買う時には私は必ず、東京都足立区にあるファッションセンターしまむら加平店に行きます。なぜなら、しまむら加平店に行けば、ほぼ間違いなく子供が好きそう…

記事を読む

東京都のしまむら 店舗情報
私がよく行くしまむらの店舗は、ファッションセンターしまむら江戸川区役所前店駅というお店です。ファッションセンターしまむら江戸川区役所前店は鉄道駅から結構離れて…

記事を読む

東京都のしまむら 店舗情報
東京随一の観光スポットでありファッションの発信地であるお台場。穏やかな東京湾に囲まれて広がるその近未来的な風景は人気があり、デートをする若者たちや観光客、修学…

記事を読む

東京都のしまむら 店舗情報
洋服店のファッションセンターしまむら 中藤店のある東京都の武蔵村山市は、武蔵野台地の西に位置するまちです。東京都 武蔵村山市の人口は約7万人。狭山丘陵をこえれ…

記事を読む

東京都のしまむら 店舗情報
洋服店のファッションセンター関前店が店舗を構える武蔵野市は、東京のほぼ中央部に位置するまちです。武蔵野市では東西6.4km、南北3.1kmという比較的狭いエリアに約…

記事を読む

ファッションセンターしまむら 足立入谷店(東京都 足立区)

IMG_9529.JPG
▲東京都足立区にあるファッションセンターしまむら足立入谷店の外観。

ファッションセンターしまむら足立入谷店は 東京都足立区にある店舗。最寄駅の日暮里・舎人ライナー(にっぽり・とねりライナー)の舎人駅(とねりえき)または見沼代親水公園駅から徒歩約15分の距離にあります。
IMG_9503.JPG
▲日暮里ー見沼代親水公園を結ぶ新交通システム「日暮里・舎人ライナー」

、日暮里・舎人ライナーは。日暮里駅(東京都荒川区)と見沼代親水公園駅(東京都足立区)を結ぶ新交通システムです。
IMG_9516.JPG
▲ファッションセンターしまむら足立入谷店の最寄駅である舎人駅

当日は、日暮里・舎人ライナーの舎人駅を降りて歩いてみました。西方向(舎人小学校方面)にしばらく歩くと、左手にスーパーマーケットのマルエツが見えます。

IMG_9517.JPG
▲舎人駅からしばらく歩くと左手にスーパーマーケットのマルエツ

マルエツを過ぎて2つめの信号の交差点を右折(交差点には足立成和信用金庫があります)。
IMG_9533.JPG
▲足立成和信用金庫がある交差点を右折

右折してしばらく行くと左手にドラッグセイムスがあり、それを過ぎると右手にファッションセンターしまむら足立入谷店が立っています。
IMG_9530.JPG
▲左手にドラッグセイムス。すぐ右手にファッションセンターしまむら足立入谷店

ファッションセンターしまむら足立入谷店はテナントビルに入っている店舗ではなく 独自の店舗。広々としています 駐車スペースもありました。


ファッションセンターしまむら足立入谷店の店内は、ピンク色を基調にした壁にあたたかみがあり、清潔感がありました 洋服、ズボン、靴下、靴、インナーウエア、ふとんカバー、小物類、かばんほか品揃えも豊富。衣類はメンズ、レディース、キッズと分かれていて商品を選びやすいと感じました。休日ということもあってか、子供連れの姿が目立っていました
IMG_9523.JPG
▲広々としているファッションセンターしまむら足立入谷店

ファッションセンターしまむら足立入谷店 DATA
(住所)東京都足立区入谷2-23-1
(アクセス)
・日暮里・舎人ライナー舎人駅より徒歩約15分
・日暮里・舎人ライナー見沼代親水公園から徒歩約15分
・国際興業ばす入谷三丁目バス停からすぐ
(電話) 03-5839-6200
(営業時間)10:00〜19:00
(地図)ファッションセンターしまむら足立入谷店の場所

大きな地図で見る

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

(東京都日野市)ファッションセンターしまむら豊田南店の店舗情報(東京都在住 40代女性)

私が行きつけのしまむらの店舗は、東京都日野市にある「ファッションセンターしまむら豊田南店」です。「ファッションセンターしまむら豊田南店」(東京都日野市)は主要道路から少し奥に入ったところに立っていることもあり、特に混みあっているような店舗ではありません。ですから、いつもゆっくりのんびりと店舗に陳列されている商品を見ることができています。

ファッションセンターしまむら豊田南店
所在地:東京都日野市豊田1-26-2
営業時間:10:00〜19:00
最寄り駅:豊田駅(JR 中央本線)

「ファッションセンターしまむら豊田南店」(東京都日野市)の店舗に入ると、まず入ってすぐのところにあるレジ近くに、値下げされた商品を集めたラックにあります。そのラックでは、お買い得商品がイロイロ見つかりやすいので、私は必ずそのコーナーから見るようにしています。その後は下着売り場、男性もの、女性ものとじっくりと見ていきます。

私がしまむらで洋服を買う理由としては、価格が安いというのが一番ですが、街に着ていっても他の人とダブルことがなく安心して着ていられるという理由もあります。というのも、ユニクロなど他店ではインナー等下にきて隠れるものはいいのですが、シャツなど外へ着るものは結構ダブってしまってバツが悪いなと思うことも多々あったのです。

その点、しまむらは同じ形でも柄などが違ったりとほぼ一点もののようなものが多いように感じます。ですから街に買った洋服を着て行っても、他人とダブル可能性が極めて低いのです。そんなこともあって、私はもちろんのこと、高校生の娘も「しまむら大好き人間」です。しまむらに行けば何かある!なんて日々考えながら過ごしています。また、娘の場合、無地が多いユニクロを好まず程よくデザイン性のあるしまむらが好きなようです。

ちなみに近々、娘は修学旅行を控えています。高校生なので制服で行くのかと思いきや、すべて私服とのこと。今期末試験真っ最中で、試験が終わったらすぐに修学旅行の支度をしなければならない状況ですが、特に焦りはないようです。なぜなら、「しまむら」という絶対的に頼りになるお店があるからです!

そんな私も、「ファッションセンターしまむら豊田南店」(東京都日野市)に立ち寄ったとき、春用のファッションを眺めていて、良さそうなものがあったら一緒にゲットしてこようと考えたりしています。それだけしまむらという存在はとても大きく頼りになります

ただ少し残念なのは我が家には中学生の息子もいるのですが、「ファッションセンターしまむら豊田南店」(東京都日野市)にはティーンエイジャーのメンズ向けの品数がやや少ないかなと感じます。「おやじ向け」「子供向け」はそこそこあるので、中学生高校生男子向けのものも同じくらいあってもいいかなと思ったりします。とはいえ、中学生の息子にも合いそうな下着・靴下はお手頃価格で種類もいろいろあるので、本当に助かっています。

「ファッションセンターしまむら豊田南店」(東京都日野市)に行けば、必ずと言っていいほど欲しいものが見つかります。高校生の娘はとてもかわいい下着がいっぱいあるので、毎回買って欲しいとせがまれ私が少々困るくらいです。そんなお財布に優しい、そして掘り出し物がいっぱいある「しまむら」が大好きです。娘のテストが早く終わって、娘と一緒に「ファッションセンターしまむら豊田南店」(東京都日野市)へ宝探しに出かけたいなと思う今日この頃です。
           (しまむら豊田南店の店舗情報|東京都在住 40代女性)

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

(東京都新宿区)ファッションセンターしまむら高田馬場店の店舗情報(東京都在住 30代男性)

皆さんは東京都内にもファッションセンターしまむらがあるの知っていますか?JR山手線沿線ですと、高田馬場にもしまむらがあるんです!ファッションセンターしまむら高田馬場店は交通の便もよいですし、かなり気に入っている店舗です。高田馬場駅から4分ほど歩いたところにある、スーパーピーコックの2階に店舗があります。


ファッションセンターしまむら高田馬場店
所在地 東京都新宿区高田馬場1-28-7(ピーコックストア 高田馬場店2F)
営業時間 10:00〜20:00
最寄り駅 高田馬場駅(東京メトロ 東西線)

おしゃれっていろいろありますよね。ファッションセンターしまむらってオシャレをするのに、いろんな意味でいいんですよ!まず安さが尋常じゃないです。

しかも!ファッションセンターしまむらの場合、値段は安いけど、きちんとした洋服をたくさん売っているんです!

そんなこともあって、きっと主婦の方などがよく訪れる洋服屋さんなんだと思います。

私は主夫ということもあり、ファッションセンターしまむら高田馬場店(東京都新宿区)では子供が着る洋服をよく見ています。

ファッションセンターしまむらに置いているものは、とにかくデザインの種類が多く、全てがかっこいいわけではありません。中には「こんなの誰が着るの?」と思うようなものから、「これ良すぎるぞ!」と一目ぼれするような洋服もあります。

ファッションセンターしまむらでは、ターゲットとする年齢層が幅広く、あらゆる人の好みに対応することを考えて、膨大な種類洋服を置いていると聞いたことがあります。ですから、時間をかけて探せば、イメージ通りの洋服がかなりの確率で見つかっています。

ファッションセンターしまむらは安くて良い洋服がとにかくたくさんあります。そして、そこでの洋服との出会いは一期一会ともいえます。というのは、ファッションセンターしまむらでは、基本的に同一商品同一サイズの洋風は置かないという方針だからです。

それを考えると、ファッションセンターしまむらでの洋服との出会いは、一瞬一瞬が貴重です。ですから私の場合、いろいろ見た洋服の中で自分の惚れた洋服だけは絶対に購入するようにしています。

ちなみに、私は最近、黒と紫のアイテムにはまっています。

ファッションセンターしまむら高田馬場店(東京都新宿区)にも黒と紫の商品はきちんと探せば結構あるもので、先日は同店舗にて黒と紫のタンクトップをゲットしました。安くて質もよく、気に入っています
              (しまむら高田馬場店の店舗情報 30代男性)

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

東京都 しまむらサニーモール西葛西店の店舗情報(東京都在住20代男性)

ちなみに、私がよく行くしまむらの店舗は、東京都内にあるファッションセンターしまむら西葛西店である。店舗へのアクセスは、地下鉄東西線西葛西駅から歩いて5分ほど。北出口を出て直進し、ジーユーの店舗をこえて突き当たりにあるABCマートの右に立地するサニーモール内にある。サニーモールのエスカレーターを上ると店舗が見えてくる。店舗面積はかなり大きく、女性服に限らず紳士服も充実している店舗だ。


ファッションセンターしまむらサニーモール西葛西店
所在地 東京都江戸川区西葛西4-2-28 (サニーモール西葛西2F)
営業時間:10:00〜20:00
最寄り駅:西葛西駅(東京メトロ 東西線)
同一敷地内店舗
アベイルサニーモール西葛西店
バースデイサニーモール西葛西店

ファッションセンターしまむらといえば、超低価格なイメージがある。確かに「安かろう、悪かろう」のダサい商品もあるが、たくさんの良品が隠れているお店だと思う。今回は、私の長年しまむらで買い物をしてきた経験を活かしてしまむらでの服の選び方を述べたい。

1.無地ならデザインは関係ない

ファッションセンターしまむら西葛西店にはデザイン的に奇抜なものもあり、他の洋服店とは乖離している商品もある。しかし、それは絵柄がプリントされているものや、文字が印字してる服に限る話だ。無地ならば、どんなデザインだろうが関係ない。だから、私はファッションセンターしまむらで買い物するときは無地のものを選ぶようにしている。例えば夏なら無地のTシャツ、冬ならパーカーといった具合に、季節に応じて購入するものを使い分けているのだ。

女性なら、ファッションセンターしまむら西葛西店は婦人服の種類がとにかく多く、おすすめである。私の知人の女性は、パーティードレスを購入するときに、ファッションセンターしまむらを利用するという。その理由は安くて選択肢が多いからである。実際に私も知人とファッションセンターしまむら西葛西店の店舗へドレスを買いに行ったことがある。ドレスは無地のデザインがほとんどなので、あとは材質や色で好みのものであれば高確率で購入してくれるだろうと感じた。

2.気分転換に買い物するものいい


ファッションセンターしまむら西葛西店は、良い意味で既存の価値観を破壊してくれる店舗だと思う。そんな意味でおすすめなのは文字がプリントされたTシャツだ。一体どんな意図で作られたのか、文字に込められたメッセージは何なのかを考えるだけで、しまむらでのショッピングは断然楽しくなるからだ。
特に英語の文字がプリントされたTシャツ達は、時には芸術品なのかと勘違いするくらい、面白いメッセージが印字されているものもある。

また、絵柄がプリントされたTシャツも非常に愉快なものもある。昨年はスターウォーズの新作が公開されたこともあり、しまむらはそれに便乗し、スターウォーズのTシャツを大量に仕入れて販売していた。しかし、そのデザインがなんとも言えないセンスのものもあり、見ているだけで楽しかった。ダースベイターの使い方には、まだまだこんな工夫ができるのか!と大変感心したものだ。
            (しまむら西葛西店の店舗情報|東京都在住20代男性)

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

ブランドコラボが魅力的すぎる!東京都新宿区のファッションセンターしまむら高田馬場店で、しまパトデビュー♪(東京都在住 20代女性)

Instagramで「#しまパト」にてHarris Tweedとのコラボを知り、いざ「しまパト」デビューへ!

私がシマパトに向かったしまむらの店舗は、東京都内にあるファッションセンターしまむら高田馬場店です。JR、西武新宿線、東京メトロ東西線高田馬場駅から徒歩3分程の距離にある店舗。高田馬場駅のなかで最も近い出口はJR高田馬場駅の戸山口です。


ファッションセンターしまむら高田馬場店

東京都新宿区高田馬場1-28-7(ピーコックストア 高田馬場店2F)
営業時間 10:00〜20:00

1階はスーパーマーケット(ピーコック)になっていて、ファッションセンターしまむらは2階にあります。ファッションセンターしまむら高田馬場店(東京都新宿区)の広さはそこそこあり、階段をあがると以下のように売り場が配置されています。

【左手】靴、カバン、帽子、ポーチなど
【右手】衣類

IMG_9421.JPG
置いている商品は女性向けもの、男性向けのもの、子供向けがバランスよく配置されていると感じ。デザインも豊富で、彼に頼まれた下着もあり、次回からは彼ともしまパトをしよう!と決めました(笑)お目当てのHarrs Tweedとのコラボレーション商品は、Instagramで大人気のようでしたので、売り切れているのではないかと心配でしたが、ある程度残っておりました。お目当ての品すべてはありませんでしたが、狙っていたポーチをゲットでき大満足です。

ポーチですが、素材の触り心地がよく、さりげない「Harrs Tweed」のロゴが可愛いアクセントになっています。容量もちょうどよく、見た目とほとんど変わらない印象。内ポケットもついており、旅行時に細かなものをいれておくのに便利でした。普段は、バックインバックとして使っています。

私の足は、22〜22.5と小さめなので、S/M/L表示だとほとんどサイズが合わないのですが、ファッションセンターしまむら高田馬場店(東京都新宿区)ではS/M/L/LL/3Lまでとサイズが豊富★並べ方もわかりやすく、すぐに自分の足にぴったりのSサイズを見つけられました。

ファッションセンターしまむら高田馬場店(東京都新宿区)では、洋服も見ましたが、ラフなものからオフィスカジュアルになりそうな服、ジャージや部屋着と、こちらも種類が豊富。既に持っている衣類に足して着たりするなど、うまく自身の生活に合わせて取り入れるとお得感が増すと思いました。

ファッションセンターしまむら高田馬場店(東京都新宿区)のある高田馬場界隈には飲食店もたくさんあり、通勤通学途中に立ち寄るだけでもいいですが、しまパトしてからお茶をするみたいなデートにも使えるなと思いました。ちなみに私は、仕事終わりだけでなく、休日にも通ってしまいます。

しまパトをするなら、InstagramやTwitter、LINE公式アカウントや公式アプリなどで情報をこまめにチェックしていくのがポイントです。ファッションセンターしまむらは、様々なブランドとコラボレーションをしており、最新のオシャレをするのに定期チェックが欠かせません。
                    (しまむら高田馬場店の店舗情報 20代女性)

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

(東京都足立区)ファッションセンターしまむら加平店の店舗情報(東京都在住 30代女性)

子供の洋服を買う時には私は必ず、東京都足立区にあるファッションセンターしまむら加平店に行きます。なぜなら、しまむら加平店に行けば、ほぼ間違いなく子供が好きそうな洋服を見つけられる自信があるからです。しかもお値段もお安くて、デザインがかわいいものが!


ファッションセンターしまむら加平店
所在地 東京都足立区加平2-8-7
営業時間 10:00〜19:00
最寄り駅 北綾瀬駅(東京メトロ 千代田線)

ファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)の店内に入ると、すぐ右側には靴売り場が、左側には婦人服の売り場があります。子供服売り場は婦人服売り場の奥にあるので、まずは婦人服を見たいのを我慢しつつ、子供服売り場へ向かうのが、私なりのいつものパターンです。

ファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)は子供服の品ぞろえも充実していてかわいい洋服が盛りたくさん。ですから、いつもなかなか決められません。子供と一緒に買い物に行くときは、「あれもいい」、「これも欲しい」と言われ、予定より多く買ってしまうことも多々あります。ただ、多く買ってしまうといっても、ファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)の商品はどれも安心価格。子供服は大体千円前後のお安いお値段なので、ついついお財布の紐がゆるんでしまいます。あと、試着室で試着も自由に出来るので、買った後にやっぱり違うな〜なんてこともありません。

自分の洋服を買うときはじっくり見たいので、必ず一人で行きます。子供と一緒に行くと、ゆっくり見れないですから・・。そんなときにファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)に行くのは大体、平日午前中です。なぜなら、店内が空いていてじっくりと見て廻れるからです。

ファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)の店内に入ったら、まずは入口付近の靴をチェック。その次は、靴売り場の隣にあるかばんコーナーをチェックします。かばんもプチプライスなものがたくさんあります。しかし、安っぽくなくて、種類も豊富。ですから、このカバンコーナーでいつもどれを買おうか悩んでますね。その次は一番じっくり見る婦人服売り場へ移動します。

ファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)の婦人服売り場には、婦人向けの洋服がとにかくたくさんあります。種類もサイズも豊富。「これもいいなあ!」「あ、これも良いかも!」なんて考えながら、ひと通り見ているうちに、いつもあっという間に時間が過ぎてしまいます。開店と同時にお店に入っているのに、気づくとお昼頃になっていたこともしばしば。それだけ素敵な商品がファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)にはたくさんあるんですよ。そこでは必ずといっていいほど掘り出し物もあるので、それを探すのが楽しいです!ファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)には試着室も何個もあるので、気兼ねなく何度も試着できるのも良いですね。他店のように、いちいち店員さんに試着室に通してもらわなくていいから、気が楽だったりします。

しまむらというと洋服のイメージがあるかもしれませんが、我が家では洋服だけでなく生活用品の買い物でもお世話になっています。意外かもしれませんが、しまむらは実は洋服だけでなく、寝具類・カバー・、マットなどの品揃えも豊富だったりするんですよ!ですから、我が家では、何か生活用品を買い換える時には「とりあえずしまむら行ってみよう!」ってすぐになります。

先日は冬用のラグを汚してしまったので、ファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)に行ってみたら良い感じのがありました。しかも3割引!もちろん即買いしました。高級感があるみたいで、帰って母に見せると「とてもその値段には見えない」と褒められちゃいました。

あと、夏には敷きパットもファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)で買いました。これまた良い買い物をできた!って思います。以前使っていた、敷きパットの半値近いお値段でしたが、デザインも質も十分すぎる敷きパットを買うことができました。そんな感じで、ファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)に行くと、いつも満足度の高い買い物をすることができています。ついつい買うつもりのないものまで買ってしまうことも多々ありますが、お財布にはやさしいお店なのでいつも助かっています。   
              (しまむら加平店の店舗情報|東京都在住 30代女性)

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

(東京都江戸川区)ファッションセンターしまむら江戸川区役所前店の店舗情報(東京都在住 40代女性)

私がよく行くしまむらの店舗は、ファッションセンターしまむら江戸川区役所前店駅というお店です。ファッションセンターしまむら江戸川区役所前店は鉄道駅から結構離れている店舗なので、車で来る人が多い印象です。そのぶん、駐車場はかなり広いです。


所在地 東京都江戸川区中央1-12-13
営業時間 10:00〜19:00

ファッションセンターしまむら江戸川区役所前店の入り口は二つあります。正面の入り口を入るとまず左手に靴コーナー、バッグコーナー、帽子などのファッション雑貨、レッグウェア(靴下、ストッキングなど)、あと下着コーナーもあります。

ファッションセンターしまむら江戸川区役所前店の中央部を占めているのは、婦人服コーナーでこのスペースが広いです。右手には寝具やクッション、マットレスなどの生活用品が売っていて、店の奥にはメンズコーナーがあります。試着室もきちんとありますので安心して服を選べます。あと、店内にはトイレもあります。

ファッションセンターしまむら江戸川区役所前店に買い物に行ったときに、私がよくチェックしているのは、入口から入ってすぐのところにあるお買い得品コーナーです。お買い得品コーナーには、驚くほど安くなっている服などあるので見ることをおススメしたいと思います。

ファッションセンターしまむら江戸川区役所前店では洋服もたくさん置いていますが、寝具類が充実しているのも嬉しいポイントです。寝具類ではタオルケットや枕、クッションなどを買いましたが、どれも値段が安いのに商品が良かったですね。寝具類のなかで特にクッション類は可愛い柄がたくさんあって選ぶのが楽しかったです。

ちなみに、ファッションセンターしまむら江戸川区役所前店では、入り口入ってすぐのところにチラシが置いてあります。まずはどんな商品がお買い得になっているのか、チラシでチェックしてから店内を物色してみると買い物をしやすいですよ。

ファッションセンターしまむら江戸川区役所前店では、土地柄か婦人服コーナーはとりわけ年配向けの服を豊富にそろっている印象があります。言い換えれば、若い子しか着られない服ばかりではないので、孫、母親、おばあちゃんなど、三世代でお買い物に来ても楽しめる店舗だということが言えると思います。

注意点としては、セールの時期になると、いろいろな商品が値下げされるのですが、結構すぐ売れてしまうこと。例えば先日はニットタイツの値下げが行われたのですが、値下げがはじまると人気がある黒色のニットタイツからゴソっと少なくなっていました。そして買おうか迷って数日後に訪れると、見事に全部売れてしまっていました。ですから、小まめに足を運ぶか、欲しいものを見つけたらすぐ買ったほうがいいかもしれません。

ファッションセンターしまむら江戸川区役所前店では靴もとてもリーズナブル。靴に関しても、セール時期になると人気のサイズからどんどん売れてなくなっていきます。値下げのタイミングをきちんとチェックするのが大事だと思います。

ファッションセンターしまむら江戸川区役所前店では、季節ものの衣類も豊富。例えば夏なら浴衣や水着などの品ぞろえが充実しています。水着の場合、可愛いビキニタイプのものだけでなくて、ママでも着やすそうなデザインのものだったり、水着の上に羽織れる日よけの上着なんかもそろっています。ファッションセンターしまむら江戸川区役所前店には、デザインがかわいいものに限らず、実用的なものもきちんとそろえられているので本当に助かります。

ファッションセンターしまむら江戸川区役所前店の最寄り駅は、新小岩駅。駅前から徒歩約22分と鉄道で行く場合は少しアクセスは悪いです。ただ、その分、独立店舗なので店内は広々としていてゆったり買い物を楽しむことができますよ。車でアクセスするならとても便利。家族そろって車で来て、ゆっくりいろんな商品を物色するという週末はいかがでしょうか。
           (しまむら江戸川区役所前店の店舗情報|東京都在住 40代女性)

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

若者たちが集うお台場にある「ファッションセンターしまむらアクアシティお台場店」(東京都港区)

東京随一の観光スポットでありファッションの発信地であるお台場。穏やかな東京湾に囲まれて広がるその近未来的な風景は人気があり、デートをする若者たちや観光客、修学旅行生たちで連日にぎわっています。

IMG_1540.JPG
△お台場の人気複合施設「アクアシティお台場」。2011年、ファッションセンターしまむらが4階にオープン

ファッションセンターしまむらといえば、10数年前までは、地方の交通不便な場所にある実用的な婦人服を売る店というイメージだったかもしれません。

しかし近年は、最新ファッショントレンドも意識したオシャレな衣類にも力を入れており、東京や大阪など都会の中心部にもしまむら系列の新店舗が次々と進出しています。そんな流れで2011年にお台場にオープンしたのが、ファッションセンターしまむらアクアシティお台場店です。

ファッションセンターしまむらアクアシティお台場店があるのは、新交通ゆりかもめ台場駅から徒歩1分に立つアクアシティお台場の4階。アクアシティお台場は、東京リゾー島との愛称でも親しまれる複合施設で、レストラン、カフェ、衣料店などいろいろな店舗・施設が館内に入っています

IMG_1522.JPG
△さまざまなオシャレな服が揃う、ファッションセンターしまむらアクアシティお台場店

ファッションセンターしまむらお台場店があるのは、アクアシティ台場店4階のなかで、下りエスカレーターに近いフロア突きあたり。横長の店舗です。ピンク色と白色を基調にした明るい雰囲気の店内に入ると、まさしく「お台場」の空気感が似合いそうな、オシャレな服がずらり。

お台場の客層を意識してか、若者が好みそうなレディースを中心にそろえています。そのデザインの多彩さひとつとっても、見どころ盛りたくさん。店内の一角には、キッズやメンズファッション、フォーマルもあるほか、靴も置いています。レジは店舗の奥にあり、たくさんの人々が買い物を楽しんで入る様子が見られました。

IMG_1530.JPG
△アクアシティお台場界隈から見える、レインボーブリッジと東京タワーの風景。近くには自由の女神像もある

ファッションセンターしまむら(アクアシティお台場店)に訪れたら、お台場ならではの近未来的な景色も楽しんでおきたいもの。アクアシティお台場界隈からは、レインボーブリッジの向こうにそびえる東京タワーの雄大な風景も広がり圧巻です。砂浜があり夜景名所としても知られる「お台場海浜公園」も徒歩圏内です。

なお、新交通ゆりかもめの1日乗車券(820円)を購入しておけば、、国際展示場、パレットタウン、テレコムセンター展望台、科学未来館ほか、お台場の観光を効率よく楽しめます。その合間に、台場駅で途中下車して、ファッションセンターしまむらアクアシティ台場店で服などの買い物をするといった休日の使い方はいかがでしょうか。

IMG_1539.JPG
△お台場の観光に便利な、新交通ゆりかもめ

<ファッションセンターしまむら アクアシティ台場店 DATA>

(住所)東京都港区台場1-7-1
(営業時間)11〜19時
(交通アクセス)新交通ゆりかもめ:台場駅から徒歩1分
(地図)ファッションセンターしまむら(アクアシティ台場店)の場所

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

ファッションセンターしまむら 中藤店(東京都武蔵村山市)

洋服店のファッションセンターしまむら 中藤店のある東京都の武蔵村山市は、武蔵野台地の西に位置するまちです。東京都 武蔵村山市の人口は約7万人。狭山丘陵をこえればその先は埼玉県です。近年は随分宅地化が進んだものの、武蔵村山市に足をのばすと東京都内にいることを忘れてしまうほど、地方の雰囲気がただよっています。

武蔵村山市では、武蔵野台地の豊かな土壌を活用した、果物栽培が盛ん。なし、みかん、りんごなどの果樹園が点在し、シーズン中は、果物狩りをしにたくさんの観光客たちが訪れます。また、武蔵村山市には、茶畑や牧場もあり、素朴な景色や味覚も楽しめます。

そんな東京都の武蔵村山市に店舗を構えるファッションセンターしまむら 中藤店(東京都武蔵村山市)は、衣類を中心に、豊富に品揃えしている店舗です。中高年向けの婦人服、最新のトレンドをとりいれた若者向けの婦人服、紳士服、キッズ商品、靴、靴下、ふとんカバーほか・・。大理石の床は清潔感があり、レディース、メンズ、子供服と、エリアが区分され、ファッションセンターしまむら 中藤店は、ひときわまとまった雰囲気の店舗です。

モノレールの延伸など将来的には検討されてはいるものの、2014年現在では、公共の交通機関での来店はやや不便。ファッションセンターしまむら 中藤店の最寄駅である多摩モノレール上北台駅から店舗までは歩くと約28分かかってしまいます。ファッションセンターしまむら 中藤店にはマイカーでの来店が良さそうです。

洋服店のファッションセンターしまむら 中藤店(東京都武蔵村山市) DATA

(住所)東京都武蔵村山市神明2-2-1
(電話)042-590-7500
(営業時間) 10〜19時
(交通アクセス)多摩モノレール上北台駅より徒歩約28分、多摩モノレール桜街道駅より徒歩約35分

(地図)洋服店のファッションセンターしまむら 中藤店の場所(東京都武蔵村山市)

大きな地図で見る
しまむら 中藤店東京都武蔵村山市)

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

ファッションセンターしまむら 関前店(東京都 武蔵野市)

洋服店のファッションセンター関前店が店舗を構える武蔵野市は、東京のほぼ中央部に位置するまちです。武蔵野市では東西6.4km、南北3.1kmという比較的狭いエリアに約14万人の人々が暮らしています。全国の市町村のなかでの武蔵野市の人口密度は、埼玉県蕨市に次ぐ全国第2位を記録しています。

武蔵野市は住宅地が多い一方で、井頭自然文化園や武蔵野中央公演など市民の憩いの場も数多く点在。東京23区と多摩地区をリンクするまちであり、生活核都市として人気なのです。武蔵野市に居住して東京の都心部に通勤・通学をするパターンも多いです。

そんな東京都 武蔵野市内に店舗を構えるファッションセンターしまむら 関前店(東京都武蔵野市)は、JR中央線 武蔵境駅より徒歩約14分(または西武新宿線 田無駅より徒歩約26分)にあるしまむらの店舗。

中高年向けの実用的な婦人服や最新のトレンドをおさえた若者向けの婦人服をはじめ、紳士服や子供服、靴下、ふとんカバーほか、幅広い品揃えをしている店舗です。婦人服、紳士服、子供服など、エリアが区分されているたけに、広々した店舗でありながら、商品を選びやすいのも特徴。


ファッションセンターしまむら 関前店(東京都武蔵野市) DATA

(住所)東京都武蔵野市関前1-9-7
(電話)0422-50-0262
(営業時間)10〜20時
(交通アクセス)
JR中央線 武蔵境駅より徒歩約14分、西武新宿線 田無駅より徒歩約26分

(地図)洋服店のファッションセンターしまむら 関前店(東京都武蔵野市)の場所

大きな地図で見る
しまむら 関前店(東京都武蔵野市)

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。
スポンサーリンク

服やズボンなど衣類や靴類は日常生活で必要不可欠なもの。できれば品質がよく使い勝手のよい衣類がよいですね。
スポンサーリンク

服、靴、ズボン、布団カバーほか、より良い商品で快適な生活を。

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね

link 井上晴雄絵画作品集

楽天市場
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 人気の洋服店 ファッションセンターしまむらの店舗を巡る(東京都ほか) All Rights Reserved.