スポンサーリンク

同系列の専門店のカテゴリ記事一覧

洋服やズボンなど衣類は、品質がよくてリーズナブルな値段で買えるお店を探すのが重要です
スポンサーリンク
ファッションセンターしまむらが、他のアパレルショップと大きく違っているのは、店舗によって品揃えが大きく違っていること。1点ものが中心で、思わぬ掘り出し物がリーズナブルな値段で見つかることも。実用性の高い商品だけではなく、最新の流行もとりいれた洋服や靴などを置いている店舗もあり若者たちからの人気も高まっています。なお、ファッションセンターしまむらは求職者からも人気。ファッションセンターしまむらはじめ、しまむらグループのの求人情報は、しまむらのHPに随時掲載されています。なお、レジ打ちや品出しを担当するアルバイトは【アルバイトEX】などアルバイト求人サイトでも募集されていたりします。

カテゴリ:同系列の専門店

同系列の専門店のカテゴリ記事一覧。人気の洋服店 ファッションセンターしまむらの店舗を東京都を中心に巡ったレポートや体験談、しまむらに関する雑学や話題などを紹介しています

同系列の専門店
 株式会社しまむらは、「ファッションセンターしまむら」のほかに、「アベイル」、「シャンブル」、「バースデイ」、「ディバロ」といった新業態をいくつか展開していま…

記事を読む

同系列の専門店
(地図)ファッションセンターしまむらとディバロが入店している「貝取ファッションモール」(東京都多摩市)大きな地図で見るここ10数年で、アパレル業界を中心に商業…

記事を読む

同系列の専門店
 株式会社しまむらは、洋服店のファッションセンターシマムラ以外にもいくつかのブランドを展開しています。そのなかで、女性向け雑貨を幅広く品揃えしているのは「シャ…

記事を読む

同系列の専門店
株式会社しまむらは、ファッションセンターしまむら以外にもいくつかのブランドを手がけています。そのひとつが、婦人靴を中心にとり扱う靴専門店「ディバロ」です。「デ…

記事を読む

同系列の専門店
ファッションセンターしまむらを運営する「株式会社しまむら」は、ファッションセンターしまむら以外にも、いくつかのブランドを展開しています。そのひとつに「バースデ…

記事を読む

同系列の専門店
 ファッションセンターしまむらを運営する「株式会社しまむら」は、いくつかのブランドを展開しています。そのひとつが「アベイル(Avail)」です。 アベイル(Avail)…

記事を読む

IMG_9625ユニクロのライバルといわれるまで成長した、ファッションセンターしまむら.JPG▲..

同系列の専門店
▲ユニクロのライバルといわれるまでに成長した、ファッションセンターしまむら衣料専門店業界のNO1、NO2は、2014年現在、『ユニクロ』と『しまむら』です。近年まで圧倒…

記事を読む

「アベイル」と「ファッションセンターしまむら」の違い

 株式会社しまむらは、「ファッションセンターしまむら」のほかに、「アベイル」、「シャンブル」、「バースデイ」、「ディバロ」といった新業態をいくつか展開しています。そのなかで、「ファッションセンターしまむら」と「アベイル」はいずれも衣類をメインに扱っていて、違いが少々わかりにくい面もあるかもしれません。果たして、「アベイル」と「ファッションセンターしまむら」はどのような違いがあるのでしょうか?
IMG_9421.JPG
 「ファッションセンターしまむら」の説明は割愛させていただくとして、アベイルは、「カジュアル&シューズ」をキャッチフレーズに、全国に200店舗ほど店舗を展開している洋服店です。アベイルの歴史が始まったのは1996年。埼玉県さいたま市に本社を置き「カジュアル&シューズアベイル」1号店がオープンしたのがアベイルのスタートでした。アベイルの事業内容は、衣料品を主としたソフトグッズの販売。創業当初は株式会社アベイルとして運営され、以降、株式会社しまむらの子会社となった後吸収合併を経て、アベイルは、現在は株式会社しまむらの事業のひとつとして運営されています。

 アベイル1号店が誕生した1996年には、ファッションセンターしまむらは既に全国に600店舗ほどを展開し、その運営を軌道に乗せていました。そこでは、「独自の物流システム」、「コンピュータによる商品管理」の基盤も固まっていたため、アベイルにもその基盤が導入されました。また、数多くの取引先と契約し、品揃えする商品の種類を増やすことで消費者のニーズに広範に応えていくという方向性についても、「アベイル」は「ファッションセンターしまむら」と一致させました。

 アベイルに足を運ぶと、衣料品をメインにした日用品を扱っているという点ではファッションセンターしまむらと同じです。また、商品の種類が多く、消費者は多くの選択肢から欲しい商品を選べるという点でも一致しています。では、アベイルとファッションセンターしまむらのどこに違いがあるかというと、「ターゲットとする客層」が異なっています。

 ファッションセンターしまむらは、20代後半〜40代の女性を主なターゲットにしており、実用性の高い婦人服を中心に品揃えをしています。一方、アベイルが想定しているターゲットはというと、15〜25歳の男女です。15〜25歳の男女の嗜好に合うようなヤングカジュアルを中心にした品揃えをアベイルは行っているのです。また、そこでは、メンズとレディースをバランスよく品揃え、カップルで来店する消費者にも高い満足感を味わってもらうような工夫も凝らされています。アベイルが扱っている商品は、スーツ、バッグ、パーカー、マフラー、コート、カーディガン、靴ほか多数。商品を違う角度から大まかに分けると、アメリカンカジュアルとヨーロピアンエレガンスに分けられます。アベイルの商品の多くは、海外のトレンドや流行を意識したラインナップになっているのです。

 ファッションセンターしまむらにも、もちろんファッション性の高い衣類はいろいろありますが、アベイルは、ターゲットとする年齢層が若いぶん、よりファッション性の高い商品の品揃えが充実しているといえます。そこでは、アベイルの商品の値段はファッションセンターしまむらがひとりあたりの単価3000円とすると、5000円ほどと若干高め。といっても、他のアパレル専門店と比較したとき、アベイルもリーズナブルな部類に入るわけですが。

 「アベイル」と「ファッションセンターしまむら」といえば、近年、都市部のファッションモールなどで、「アベイル」と「ファッションセンターしまむら」がセットで出店しているというケースも増えてきました。しまむらグループの店舗がそのように同じ建物のなかにあるというのは、買い物をする上でとても便利だといえます。たとえば、婦人とその娘さんが一緒に買い物に行ったとき、婦人はファッションセンターしまむらで実用性の高い服を探し、娘さんはアベイルで流行を押さえた若者向けの服を選ぶというパターンで買い物が楽しめるわけですから。
婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

しまむらのファッションモール構想/東京都内にあるファションモール一覧

(地図)ファッションセンターしまむらとディバロが入店している「貝取ファッションモール」(東京都多摩市)

大きな地図で見る
ここ10数年で、アパレル業界を中心に商業環境は大きく変化しました。1990年代は、ひとつの店舗でなんでも揃うような大型ショッピングセンターが重宝されがちでしたが、それではなかなか個性が出せなくなり、消費者離れが加速していきました。

そのようななか、株式会社しまむらが10年ほど前から力を入れているのが「ファッションモール」という形態です。ショッピングモールとは、さまざまな業態のブランドを集結させ、それぞれ個性を存分に発揮させることで、消費者に、それぞれの生活シーンに合った専門性の高い商品を提供することを狙ったショッピング施設です。

株式会社しまむらは、ファッションセンターしまむらのほかに、シャンブル、ディバロ、バースデイといったいくつかの複数ブランドを展開しているだけに、それらを複合集積させた「ファッションモール」構想は現実化しやすく、まさにうってつけでした

>>しまむらの展開する各ブランドについての記事はこちら

しまむらの「ファッションモール構想」、そこでは、ファッションセンターしまむらをはじめ、アベイル、シャンブル、バースデイなどそれぞれのブランドを集積させることで、お客により利便性の高い環境で買い物を楽しんでもらうことを、株式会社しまむらは目指しました。また、ファッションモールとして同じ場所にしまむらグループのブランドを集めることで、物流やオペレーションを最大限に効率化することも考えました。その結果、消費者には、それぞれの業態のもつ魅力を同じエリアにいながらいかんなく享受できるというメリットが生まれたのです。



たとえば、東京都多摩市にある しまむらのファッションモール「貝取ファッションモール」には、ファッションセンターしまむらとディバロの店舗が入店しています。ファッションセンターしまむらは、若者〜中高年向けの婦人服を中心に数万点のアイテムを揃えている洋服店。ただ、婦人服以外の商品、たとえば靴となると、置いてはいるものの多くはありません。一方、ディバロは、婦人向けの靴専門店です。数多くのデザインや色彩、大きさの婦人靴を豊富に品揃えしているのです。


つまり、しまむらのファッションモール「貝取ファッションモール」に訪れたお客は、ファッションセンターしまむらで婦人服を選び、ディバロで婦人服を選ぶといった買い物をスタイルをとることができるのです。同じファッションモール内に両店とも入っているだけに、お客は移動時間のロスなく効率よい買い物をすることが可能となるのです。

株式会社しまむらは、ファッションモール構想の第一弾として、2000年に西大宮ファッションモールを開業。以降、ファッションモールの数を全国に増やしていきました。そして現在、全国にしまむらのブランドが複数入店した「ファッションモール」は120ヶ所以上にまで増えています。ちなみにそのなかで、ファションセンターしまむら、アベイル、シャンブル、バースデイの、株式会社しまむらの4ブランドが勢ぞろいしたファッションモールは10ヶ所以上を数えます。

東京都内には、ファションセンターしまむら、アベイル、シャンブル、バースデイの4ブランドが勢ぞろいしたファッションモールは2014年時点で存在しないのですが、そのうちの2〜3ブランドが複合入店したファッションモールは以下の5ヶ所があります

【しまむらグループの店舗が複数入店する東京の「ファッションモール」】

青梅ファッションモール
(しまむらグループの店舗)バースデイ、シャンブル、ディバロ
(住所)東京都青梅市新町9-2-4
(電話)0428-33-9231
(営業時間) 10:00〜19:00

貝取ファッションモール
(しまむらグループの店舗)ファッションセンターしまむら、ディバロ
(住所)東京都多摩市貝取3-8 (コープ貝取 2F)
(電話)042-357-1361
(営業時間) 10:00〜20:00

サニーモール西葛西ファッションモール
(しまむらグループの店舗)ファッションセンターしまむら、アベイル、バースデイ
(住所)東京都江戸川区西葛西4-2-28 (サニーモール西葛西 2F)
(電話)03-5679-5201
(営業時間) 10:00〜20:00

狭間ファッションモール
(しまむらグループの店舗)ファッションセンターしまむら、ディバロ
(住所)東京都八王子市狭間町1452-5
(電話)042-669-0030
(営業時間)10:00〜19:00

花小金井ファッションモール
(しまむらグループの店舗)ファッションセンターしまむら、バースデイ
(住所)東京都小平市花小金井3-22
(電話)042-479-0762
(営業時間) 10:00〜20:00 婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

おしゃれ空間 シャンブル(chambre)とは

 株式会社しまむらは、洋服店のファッションセンターシマムラ以外にもいくつかのブランドを展開しています。そのなかで、女性向け雑貨を幅広く品揃えしているのは「シャンブル(chambre)」です。「シャンブル(chambre)」とはフランス語で「部屋」を意味します。

「シャンブル(chambre)」はその意味のとおり、「部屋」をテーマにしているお店です。そのキャッチフレーズは「おしゃれ生活空間」。かわいい女性向けの雑貨をはじめ、「おしゃれ生活」に関するグッズを幅広く揃えています。ときには旬の有名人とコラボして開発したグッズも積極的に販売しています

たとえば、シャンブル(chambre)はいろいろなフレグランスを揃えているのですが、なかには有名人がプロデュースしたフレグランスもあります たとえば、タレントのローラさんがプロデュースした「ロージーロージー」「リトルシークレット」、歌手の倖田來未さんがプロデュースした「LOVE NOTE」「LOVE TOUCH」、サッカーの本田圭佑さんがプロデュースした香水「DIAMOND」などです

衣類ではパジャマ、レギンス、パーカー、二重編みソックス、ポレロ、ストール、ハンプスほか、ファッションセンターしまむらと同じくとにかく種類が豊富。サブバックや各種アクセサリーの品揃えも充実しています。それらシャンブル(chambre)の商品は、10代〜主婦の嗜好やトレンドを研究したうえで製造されているだけに、他の店にはない個性と高いファッション性があります。

また、部屋に置くグッズの数々を多く品揃えしているのももシャンブル(chambre)の特色。たとえば、モノをおしゃれに収納するマルチラックや、アメニティをまとめるのに便利なペーパー素材の収納ストッカーなど大人気です。

「おしゃれ生活空間 シャンブル(chambre)」の商品は、機能面だけではなく、ワンポイント何か工夫をしたこだわりがあるのが特徴です。たとえば、加湿器では、細かい用途ごとの商品を揃えています。赤ちゃんやペットにも安心の加湿器、アロマオイルをミスト噴射させる加湿器などです。しかもそれらは女性好みのおしゃれでかわいいデザインなので喜ばれやすいのです。

キッチン周辺の商品としては、「シャンブル(chambre)」の便利グッズも人気。例えば、電子レンジでナンを焼ける「今日はナンの日」、炒めてすくって挟める便利な「ラビットング」、味噌汁の味付けを一定に保てる「計量みそマドラー」などは便利で貴重なグッズです。

なお、「おしゃれ生活空間 シャンブル(chambre)」では季節に応じたイベントごとも大切にしているお店です。たとえば2月ならばバレンタイン向けのギフトがずらりと並びます。5つのお酒を楽しめるチョコ「チョコレートボンボン」ほか人気。季節物はそのイベントの時期に合わせて商品が入れ替えられます。たとえば春になる前にシャンブル(chambre)に行けば入学や入園向けのアイテムもいろいろ手に入るといった具合です。

シャンブル(chambre)1号店は2001年のオープン。創業からまだ10年ほどしか経っていないわけですが、以降、地方都市を中心に全国にシャンブル(chambre)の店舗が続々と増えています。ちなみに東京(東京都)には2014年現在、シャンブル(chambre)は東京都青梅市に一軒あります

東京にあるシャンブル

青梅ファッションモール
(住所)東京都青梅市新町9-2-4
(電話) 0428-33-9231
(営業時間)10:00〜19:00

(地図)東京都にあるシャンブル(青梅ファッションモール)の場所

大きな地図で見る
婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

女性向けカジュアルシューズをそろえる靴専門店「ディバロ」

株式会社しまむらは、ファッションセンターしまむら以外にもいくつかのブランドを手がけています。そのひとつが、婦人靴を中心にとり扱う靴専門店「ディバロ」です。

「ディバロ」の主なターゲットは15〜35歳くらいの女性。それくらいの年齢層の女性が求める、使い勝手がよいカジュアルシューズを低価格で提供しています。そこでは、ディバロでは、ファッションセンターしまむらと同じく、たくさんの種類を多品種で揃えることを意識しています。「靴はファッションコーディネートでの大きなポイント」。そんな考えが、ディバロのバイヤーたちに備わっているのです

また、ディバロは、ファションセンターしまむらと同じく、トレンドを取り入れた商品も豊富に揃えています。世界最先端のファッションを研究し近未来の流行を予測して靴の買い付けが行われるのです。それだけに、ディバロでは、日常的に使いやすい靴のほか、ファション性がきわめて高い靴もいろいろと揃っているのです。

なお、ディバロが品揃えしている商品は、若い女性向けのカジュアルシューズが多数を占めていますが、子供用の靴も置いています。親子揃って靴を買いにいくときにも、ディバロはぴったりですね。

さて、そんなディバロは、2006年に第一号店ができたので、店舗数はまだ多くはありませんが、ファッションセンターしまむらのように、じわじわと全国に展開しつつあります。

ディバロの一号店は、2006年に東京都青梅市にオープンした「ディバロ(青梅ファッションモール店)」 です。以降、ディバロは順調に業績を伸ばし、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県と店舗をつくり、大阪府や広島県など西日本にも展開をはじめています。ファッションセンターしまむらのように、全都道府県でディバロの店舗と出会える日もそう遠くはない未来かもしれません

ディバロ DATA

(取扱い商品) 婦人・お子様シューズ用品
(カード)UFJ・Master・VISA・UC・NICOS・AMERICAN EXPRESS

(全国のディバロの店舗一覧)※2014年現在

■東京都のディバロ

・「ディバロ(青梅ファッションモール店)」
(住所)東京都青梅市新町9-2-4

・「ディバロ(狭間ファッションモール店)」
(住所)東京都八王子市狭間町1452-5

・「ディバロ(貝取ファッションモール店)」
(住所)東京都多摩市貝取3-8 コープ貝取 2F

■神奈川県のディバロ

・「ディバロ(藤沢店)」
神奈川県藤沢市南藤沢6-23

・「ディバロ(小田原シティーモールファッションモール店)」
(住所)神奈川県小田原市前川120 フレスポ小田原シティーモール 1F

・「ディバロ(ハーモス荏田ファッションモール店)」
(住所)神奈川県横浜市青葉区荏田西2-14-3 ハーモス荏田内

■千葉県のディバロ

・「ディバロ(三山店)」
(住所)千葉県船橋市三山9-30-16

・「ディバロ (大網ファッションモール店)」
(住所)千葉県山武郡大網白里町大網22-2


■埼玉県のディバロ
・「ディバロ(西大宮ファッションモール店)」
(住所)埼玉県さいたま市西区宮前町220


■大阪府のディバロ

・「ディバロ(ジョイパーク泉ヶ丘ファッションモール店)」
(住所)大阪府堺市南区三原台1-1-3 ジョイパーク泉ヶ丘 2F

■兵庫県のディバロ

・「ディバロ(神戸西ファッションモール店)」
(住所)兵庫県神戸市西区玉津町新方215-5

■広島県のディバロ

・「ディバロ(フレスポ神辺ファッションモール店)」
(住所)広島県福山市神辺町川北1533

■愛媛県のディバロ

・「ディバロ(ジョー・プラファッションモール店)」
(住所)愛媛県松山市朝生田町5-1-25 ジョー・プラ内 2F 婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

「バースディ」(Birthday)とは

ファッションセンターしまむらを運営する「株式会社しまむら」は、ファッションセンターしまむら以外にも、いくつかのブランドを展開しています。

そのひとつに「バースディ(Birthday)」があります。バースディ(Birthday)は、ベビー用品の専門店。幼児・子供に関する商品を豊富に品揃えしていて人気です。

バースディ(Birthday)の特徴は、とにかく品揃えが多くて、商品がお値打ち価格であること。それはまさしく、ファッションセンターしまむらと傾向が同じです。バースディ(Birthday)は、ファッションセンターしまむらが、ベビー用品に特化したような雰囲気なのです

バースディ(Birthday)各店舗には、さまざまな幼児・子供に関する用品を置いています そのなかで目玉商品といえば、ベビー服とおもちゃでしょう。ベビー服といえば、その買い替えで困ってしまう方も少なくないと思います。なぜなら、子供は幼児期の成長が早いため、せっかく買ったベビー服はすぐに着られなくなってしまうからです。その点、バースディ(Birthday)のベビー服は、値段が安く、数百円の商品も数多くあるので家計にやさしく安心です。

また、バースディ(Birthday)の各店舗では おもちゃもお値打ち価格で購入することができます。おもちゃで安いものでは、数百円で買えるものもあるほど。ディズニーDVD、お絵かきボード、なわとび、木製玩具、ままごと用品ほかバースディ(Birthday)はおもちゃも多数品揃えしています。

ほかには、バースディ(Birthday)ではベビーカーマタニティグッズ、寝具、インテリア、ほ乳びん、ランチクロス、ジュニアシート、離乳食、紙おむつ、衛生ほか揃っています つまり、バースディ(Birthday)に行けば、育児に関する商品は一式揃うといってもよいでしょう。その種類の多さは、ファッションセンターしまむらと全く同じで、消費者は多くの選択肢から商品を選ぶことができるのです。

なお、バースディ(Birthday)ではワゴンセールも必見です。ワゴンセールのワゴンには、おトクなセール商品や半額の値引き商品がいっぱい。なかには半値以下に値段が下がっている商品まであり、掘り出し物を見つけやすいエリアといえます。


バースディ(Birthday)は定期的に、新聞に折込チラシを入れて地域に宣伝を行っています。また、しまむらグループのHPのなかのデジタルチラシでも、バースディ(Birthday)のチラシを閲覧することができます。

バースディ(Birthday)のチラシ・デジタルチラシには、おトクなセール商品や新商品の情報も満載。バースディ(Birthday)の店舗に足を運ぶ前にチラシ・デジタルちらしをチェックしておけば、店舗で欲しいものを効率よく探すことができると好評です。

ちなみに、バースディ(Birthday)の店舗の多くは地方都市に点在しています。東京都内には2014年時点ではまだ少なく、以下の4店舗となっています。ファッションセンターしまむらの都心部への進出などから考えるに、今後、東京都内におけるバースディ(Birthday)の店舗の数も増えていくことが予測されます。


東京都内にあるバースディ(Birthday)の店舗一覧(2014年現在)


「バースデイサニーモール西葛西店」
(住所)東京都江戸川区西葛西4-2-28
(電話)03-5679-5233
(営業時間)10〜20時
(地図)バースデイサニーモール西葛西店の場所

「バースデイ青梅店」
(住所)東京都青梅市新町9-2-4
(電話)0428-33-9231
(営業時間):10〜19時
(地図)バースデイ青梅店の場所

「バースデイ花小金井店」
(住所)東京都小平市花小金井3-22
(電話)042-479-0664
(営業時間)10〜20時
(地図)バースデイ花小金井店の場所

「バースデイ日の出店」
(住所)東京都西多摩郡日の出町大字平井15-17
(電話)042-588-7185
(営業時間)10〜19時
(地図)バースデイ日の出店の場所

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

「アベイル(Avail)」とは

 ファッションセンターしまむらを運営する「株式会社しまむら」は、いくつかのブランドを展開しています。そのひとつが「アベイル(Avail)」です。

 アベイル(Avail)は、ファッションセンターしまむらと同じく、衣類を中心に販売している店舗群です。ただ、その客層は少し異なっています。ファッションセンタ−しまむらが中高年の主婦を主なターゲットにしているのに対し、アベイル(Avail)は、10代〜30代の若者(男女)を主なターゲットに置いた商品を中心置いているのです。、おしゃれをしたい若者が好むような、ファッション性の高い婦人服、センスのよい紳士服などを多数品揃えしているのです。また、子供服の品揃えも豊富です。

 アベイル(Avail)の沿革は1996年に株式会社アベイルが「カジュアル&シューズ アベイル」1号店を開店したことから始まります。2006年には東京都江戸川区に、西葛西ファッションモール「しまむら・アベイル・バースディ」を開店。以降、全国に展開し、現在全国に200店舗以上が全国に点在しています。

 ファッションセンターしまむらとアベイル(Avail)が共通している点は、置いている商品の種類がとにかく多いということ。そのデザインや色彩は正に千差万別です。しかも、商品はどんどん入れ替わっていきます。一般的な量販店は、いつ行っても同じような商品ばかりが並んでいることが少なくないです、アベイル(Avail)は違います。アベイル(Avail)に行くたびに、また新しい商品がどこかに見つかるのです。それは、消費者にとって、買い物の選択肢を広がるということであり、大きなメリットであるといえるでしょう。

 アベイル(Avail)の商品が多種多彩なのは、アベイル(Avail)のバイヤーが、さまざまな仕入先を廻り、その時代の流行や売れ筋を考えた上で、仕入れを行っているからです。結果的に、同じような商品は、数点ずつしか置いていません。ですから、アベイルでは、思わぬ掘り出し物や、自分の嗜好に合った商品がみつかりやすいと好評なのです。なお、アベイルの商品は、ファッションセンターしまむらの商品より全体的に少しだけ値段が高い傾向がありますが、お値打ち価格である点は共通していて嬉しい限りです

 ファッションセンタしまむらとアベイル(Avail)で異なっている点は、ターゲットとする客層のほか、営業時間もあります、ファッションセンターしまむらの店舗の営業時間は10〜19時に設定されていることが多いです。それに対し、アベイル(Avail)の店舗は若者の動向に合わせて、11〜20時(土日は10〜20時)と一時間後ろにずらした営業時間を設けている店舗が多いです。

 ちなみに、ファッションセンターしまむらと同じく、アベイル(Avail)も、新聞の折込チラシで、各店舗に置かれているセール商品や値引きセールを知ることができます。ただ、新聞をとっていない人もこのご時世では少なくありません。ですから、しまむらグループはホームページのなかに、アベイル(Avail)のデジタルチラシを掲載することで、新聞をとっていない人でも、自由にアベイル(Avail)のチラシを閲覧することができるようにしているのです。

 アベイル(Avail)の店舗はほとんどが地方都市に集まっており、東京都内のアベイル(Avail)は2014年現在、あきる野市、江戸川区、青梅市に各1店舗ずつしかまだありません。ただ、ファッションセンタ−しまむらのここ10数年の店舗展開からみて、アベイル(Avail)も東京都内に今後、店舗数を増やしていく可能性が高いと思います。しまむらグループの右肩上がりの発展を考えると、アベイル(Avail)ファッションを着こなす若者が都心にあふれるのも、時間の問題かもしれません。

東京都内にあるアベイル(Avail)の店舗一覧

「CASUAL&SHOESアベイルあきる野店」
(住所)東京都あきる野市油平239-1
(電話)042-532-5315
(営業時間)11〜20時
※土日祝の営業時間:10〜20時

「CASUAL&SHOESアベイルサニーモール西葛西店」
(住所)東京都江戸川区西葛西4-2-28
(電話)03-5679-5228
(営業時間)10〜20時

「CASUAL&SHOESアベイル青梅店」
(住所)東京都青梅市新町2-40-8
(電話)0428-30-0370
(営業時間)11:00〜20:00
※土日祝の営業時間:10〜20時 婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

しまむらとユニクロの違いは?


IMG_9625ユニクロのライバルといわれるまで成長した、ファッションセンターしまむら.JPG
▲ユニクロのライバルといわれるまでに成長した、ファッションセンターしまむら

衣料専門店業界のNO1、NO2は、2014年現在、『ユニクロ』と『しまむら』です。近年まで圧倒的に一人勝ちをしていた王者の「ユニクロ」ですが、「しまむら」が急成長してきて、現在はライバル同士、しのぎを削っているという状況になってきました。そんな「ユニクロ」、「しまむら」ともに、品質がよい低価格の衣類を揃えていることが共通していて両者、人気を誇っています。そんな「ユニクロ」と「しまむら」ですが、一体どのような違いがあるのでしょうか?以下、まとめてみました。


@戦略の違い
 ユニクロは、製品は自社ですべてつくりだすという戦略をとっています。優秀なデザイナーを雇い、トレンドなどから確実に売れる商品を絞り込んで、大量に生産・販売し利益を出しています。そこでは、同じ商品をいかに大量販売するかが問われるため、ユニクロでは、それぞれの店舗に強い権限があり、各店舗の店長を軸にした戦略を展開されています。

 一方、しまむらは、多種類の品揃えをすることでお客の満足度を高める戦略をとっています。靴下や下着などを除くと、同じ店舗に、同じ商品は数点しかありません。売り切れたら、違う商品を仕入れていきます。ですから、デザインに力をいれるというようり、多方面から良いデザインや企画を選んで積極的に仕入れることで品物の種類を増やしていくという戦略がとられているのです。


A商品の違い
 ユニクロの商品は、シンプルな無地です。それだけに、そのシンプルさやユニクロ独自のデザインに惚れ込んで来店するリピーターが多いです。一方、しまむらは、婦人服がメインですが、子供服、寝具、靴、カバン、おもちゃなどいろいろな品物を陳列しています。衣類含め、とにかく種類が豊富なので、自分に合った一点ものを買いたいという方に適しているといえるでしょう。

IMG_9582.JPG
▲「しまむら」、「ユニクロ」がしのぎを削る東京都の南千住LALA TERRACE

B物流の違い
 ユニクロの物流は、アウトソーシングです。一方、しまむらの物流は、自社で完全に行っています。そこでは、ある商品が売れ残っている店舗があると、近隣の店舗に移動して販売するといった、売れ残りを減らす工夫もなされています。

C人材開発の違い
 ユニクロは、少ない種類の商品を大量に販売する戦略をとっていることから、各店舗の独自性が重要視されています。そこでは、スペシャリスト育成を人材開発の柱に置いていて、社員のなかから最も実績をあげた人材を店長を選抜するなど、人材同士の競争も重視しています。また、デザイナーの質も重要であるため、ユニクロは世界各地にデザイナーを配置して常に売れる商品の研究を重ねています。

 一方、 しまむらは、パート従業員の比率が8割近くに及びます。パート従業員の多くは、育児と仕事を両立しているため、彼女たちの負担を減らすことも必要となってきます。そこで、しまむらでは彼女たちをスペシャリストに育てるというよりは、マニュアルに沿った人材開発を行うことで働きやすい職場づくりを重視しています。 婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。
スポンサーリンク

服やズボンなど衣類や靴類は日常生活で必要不可欠なもの。できれば品質がよく使い勝手のよい衣類がよいですね。
スポンサーリンク

服、靴、ズボン、布団カバーほか、より良い商品で快適な生活を。

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね

link 井上晴雄絵画作品集

楽天市場
サイト内検索
カスタム検索
スポンサーリンク
 
服やズボン、靴ほか日常的に使うものは安くて品質が良いものを揃えられればいいですよね
スポンサーリンク
はじめに
衣類や寝具、靴ほか生活に関わるものを広範囲揃えているファッションセンターしまむら。全国47都道府県に店舗を有し、安くて品質の良い商品が多数揃っていることから、ファッションセンターしまむらは、私たちの生活にもはや欠かせない存在といっても過言ではないかもしれません。

そんなファッションセンターしまむらに関する情報(営業時間、置いている商品、実際に足を運んでみたレポートほか)や雑学(しまむらの歴史、雇用スタイル、躍進の要因、系列店、最新ニュースなど)を当ブログでは書いています。皆様がファッションセンターでより良い買い物をするためのひとつの情報源になることができればと思います。
最近の記事
タグクラウド
リンク集
カテゴリ
Copyright © 人気の洋服店 ファッションセンターしまむらの店舗を巡る(東京都ほか) All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます