スポンサーリンク

しまむらに関する雑学Uのカテゴリ記事一覧

洋服やズボンなど衣類は、品質がよくてリーズナブルな値段で買えるお店を探すのが重要です
スポンサーリンク
ファッションセンターしまむらが、他のアパレルショップと大きく違っているのは、店舗によって品揃えが大きく違っていること。1点ものが中心で、思わぬ掘り出し物がリーズナブルな値段で見つかることも。実用性の高い商品だけではなく、最新の流行もとりいれた洋服や靴などを置いている店舗もあり若者たちからの人気も高まっています。なお、ファッションセンターしまむらは求職者からも人気。ファッションセンターしまむらはじめ、しまむらグループのの求人情報は、しまむらのHPに随時掲載されています。なお、レジ打ちや品出しを担当するアルバイトは【アルバイトEX】などアルバイト求人サイトでも募集されていたりします。

カテゴリ:しまむらに関する雑学U

しまむらに関する雑学Uのカテゴリ記事一覧。人気の洋服店 ファッションセンターしまむらの店舗を東京都を中心に巡ったレポートや体験談、しまむらに関する雑学や話題などを紹介しています

しまむらに関する雑学U
 全国のファッションセンターしまむらでは、パート(M社員)とアルバイトの両方を募集していることが多いようです。ファッションセンターしまむらのパート(M社員)と…

記事を読む

しまむらに関する雑学U
 ファッションセンターしまむらは、ユニクロに次ぐ国内第二位のアパレル専門店として発展をつづけています。消費が落ち込み不況といわれるアパレル業界において、なぜフ…

記事を読む

しまむらに関する雑学U
2014年4月1日から消費税が8%にあがりました。今のところ、当初想定されていたような大きな混乱はないものの、個人レベルで買い物をしているときに、違和感を感じるこ…

記事を読む

しまむらに関する雑学U
 ファッションセンターしまむらは、店舗によりますが、営業時間は朝10時〜19時と設定されています。営業時間が決められているのは他の日本企業と同じなのですが、とりわ…

記事を読む

しまむらに関する雑学U
 ファッションセンターしまむらでうまく買い物をするにはいくつかのコツがあります。そのひとつは、新聞折込のしまむらのチラシ(またはしまむらHPのデジタルチラシ)な…

記事を読む

しまむらに関する雑学U
 ファッションセンターしまむらに足を運ぶたび、ファッションセンターしまむらの店員さんたちはベテラン風の方が多くて、安心感を覚えます。例えば、どんな服やズボンを…

記事を読む

しまむらに関する雑学U
 日本社会において、しばしば、「女性の働きにくさ」が社会問題としてクローズアップされています。さまざまな法整備により、男女の雇用機会は見かけ上は均等になり、育…

記事を読む

しまむらに関する雑学U
 アパレル専門店において国内1位、2位の売上高を占めるユニクロとしまむら。ライバル同士となった2社は、比較される機会が増えてきました。そのようななか、ユニクロ…

記事を読む

しまむらに関する雑学U
 ピカピカに磨かれた大理石の床、白・ピンクを基調にした落ち着いた壁、お得商品を集めたワゴン、店員さんの笑顔とてきぱきした動作・・ 洋服店のファッションセンター…

記事を読む

しまむらに関する雑学U
 ファッションセンターしまむらは日本でユニクロに次ぐ第二位の売上高を誇るアパレル専門店です。アパレル専門店というと、衣類のみを品ぞろえしているイメージを持ちが…

記事を読む

しまむらの求人で「パート(M社員)」と「アルバイト」の働き方はどう違う?

 全国のファッションセンターしまむらでは、パート(M社員)とアルバイトの両方を募集していることが多いようです。ファッションセンターしまむらのパート(M社員)とアルバイトの仕事内容は、どのような違いがあるのでしょうか?
IMG_9625.JPG
 ファッションセンターしまむらのアルバイトの場合、レジを中心に、品出しおよび商品整理が主な業務となるようです。レジを慣れるのには少し時間がかかるかもしれませんが、基本的にはアルバイトが任されるのは単純作業となります。ですから、店舗によるでしょうが、特別な研修はなく、サブで入って先輩から現場で学んでいくことが多いようです。

 一方、パート(M社員)の場合、アルバイトの業務(レジ、品出し、商品整理)に加えて、金庫管理や商品の検収、商品の管理、売り出しの準備ほか、多岐にわたる業務を任されます。パート(M社員)は、店内の業務全般にたずさわっていくため、アルバイトと比べると覚えることも多く、マニュアルに沿った研修が行われた上で業務にじっくり取り組んでいくスタイルをとっているようです。

 ちなみに、先日、九州の地方にある、とあるファッションセンターしまむらの店舗が求人募集しているのを見かけたのですが、その内容は以下のようなものでした
(※待遇面や時給など、店舗によって違いがあります)

(職種)衣料販売スタッフ (パート、アルバイト募集)
(待遇)
 [パート]交通費支給、買物割引制度有 社保完、昇給年1回、賞与年2回、
  通信教育制度、従業員持株会、
  財形貯蓄制度(補助制度)、車通勤可
  社員登用制度
 [アルバイト]交通費支給、買物割引制度有
(勤務時間)
(1)9:45〜13:15 (2)9:45〜19:15 ※(2)の時間週3日以上可能な方
(休日休暇)
 [パート]週休2日制 
 [アルバイト]週2、3日〜の勤務でok
(時給)
 [パート]860円以上 
 [アルバイト]750円※高校生700円

 この九州のとある地方にあるファッションセンターしまむらの求人募集の内容からすると、パート(M社員)は「週休2日制」と勤務日数ががっちり確保できるのに対し、アルバイトは勤務日について自由度が高いことがうかがえます。そこから自ずと、パート(M社員)は時間的に余裕がある主婦が中心となり、アルバイトには高校生をはじめ学生の割合も高くなるという風になると考えられます。

 パート(M社員)はアルバイトよりも勤務時間・日数も多く、覚えることも多いですが、それだけ待遇に関してはアルバイトよりもよくなっています。時給もアルバイトよりも高いですし、なにより、保険待遇や年二回の賞与(ボーナス)その他さまざまな制度がついてくるというメリットがあります。

 ファッションセンターしまむらで仕事をしたいと考えておられる方は、それぞれの生活環境に合った良い働き方をできたらよいですね。 婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

ファッションセンターしまむらの発展の原点は、将来を見越した計画と堅実な基盤固めにあり

 ファッションセンターしまむらは、ユニクロに次ぐ国内第二位のアパレル専門店として発展をつづけています。消費が落ち込み不況といわれるアパレル業界において、なぜファッションセンターしまむらは業績を着実に伸ばしてきたかというと、その要因のひとつは「将来を想定した綿密な計画」と「堅実な実行」にあると思います。
IMG_9576.JPG
 チェーン店を展開するアパレル企業のなかは、ある程度店舗数が増えると現場任せにしたり成り行き任せにしたりするところも少なくありません。自由な裁量に任せることは店舗ごとの個性が出るなど良い面もあります。ただ、ブームや流行によって大きく左右されるアパレル業の場合、不況やブーム終焉が訪れると、ドミノ倒しのように崩れていくケースが少なくありません。むやみにチェーン店を増やしていくと、何か起きたとき統制がとれなくなるのです。結果的に、均一化されたサービスが提供できなくなったり、内部で意見が分かれて企業としてのエネルギーが削がれてしまうといったデメリットを誘発してしまいます。

 その点、ファッションセンターしまむらを運営する株式会社しまむらは、何を進めるにも慎重かつ冷静でした。好景気のときも焦ることなく、しまむらは、将来を見据えた綿密な計画を立てて、着実にその計画を実行して基盤を強めていったのでした。結果的に、ファッションセンターしまむらは全国に1300店舗を構えるほどにまで店舗が増やし、しかも不況時にも各店舗ではほぼ着実に利益をあげる状況をつくりあげることに成功をしました。そこあたりは、ファッションセンターしまむらの全店舗のうち85%近くは開店から存続中ということにもあらわれているでしょう。

 なぜファッションセンターしまむらは、そのように1300を超える数の店舗数になっても全店舗が標準化され、一定水準の満たすサービスや品ぞろえをできる体制を確立できたのでしょうか?それは、全国に大量出店をする前に、しまむらの経営陣が将来を見越した計画をしっかりと立てたうえで着実に計画を実行して基盤を固めたことが大きな要因だと思います。

 ちなみに、しまむらが立てて実行した計画はいろいろあるようですが、そのひとつは、1店舗あたり数万点にわたる商品管理を、中央コントロールによるコンピューターで完全管理するシステムを構築したこと挙げられます。中央のコンピューターで全店舗を管理する計画は、ファッションセンターしまむらの店舗数がまだ50に満たなかったときから明確に立てられ、中央と全店舗をオンラインで結ぶことで実行されていたといいます。
IMG_9625.JPG
 しまむらが開発した中央本部のコンピューターシステムは、過去のデータの蓄積や最新トレンド、各店舗の商品の売れ行きなどをもとに、仕入れ数などを瞬時に判断。各店舗に商品を自動的に割り振っていくシステムです。その、しまむら独自のシステムにより、しまむらは、コスト削減や業務効率化に成功し、着実に利益を上げる仕組みを完成させたのでした。その仕組みのもとで店舗を増やしたからこそ、店舗を増やせば増やすほど利益も増えていくという好循環が生まれたのです。

 しまむらは、早い段階から将来を見越したビジョンを明確に持っていて、早い段階から全国に大量出店したときのことを想定し基盤を固めていたといいます。近年、ファッションセンターしまむらは、東京や大阪など大都市圏への出店を加速するとともに、海外への出店にも視野を広げ始めています。2014年春には、しまむらは中国に店舗を30店舗ほど出店する計画を発表。それを受けて株式会社しまむらの株価は急上昇し、ニュースで大きく報じられました。将来を見越した綿密な計画と実行を着実に繰り返しながら利益を積み重ねてきた株式会社しまむら。その株価上昇の背景には、しまむらの歩みとその完成度の高いビジネスモデルをみてきた経済人たちからの信頼の高さがあると思います。

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

ファッションセンターしまむらは消費税8%導入後も,税込み価格の表示を継続

2014年4月1日から消費税が8%にあがりました。今のところ、当初想定されていたような大きな混乱はないものの、個人レベルで買い物をしているときに、違和感を感じることがあるかもしれません。
IMG_9523.JPG
私自身も消費税8%導入後、そういった違和感を感じることがありました。たとえば、先日、大型家電量販店で蛍光灯を購入したのですが、レジに商品を運んだとき「あれ?値段間違ってない?」と思い店員さんに「この蛍光灯、もっと安かったと思うのですが商品間違っていません?」と質問したことがありました。というのは、その蛍光灯のラベルに表示されている値段より高い金額を店員さんは請求してきたからです。

しかし、私の店員さんは「いえ、この値段で間違いございません。今一度ご確認ください」と答えました。そして、店員さんに促されるままに よくよくその商品のラベルを見たところ、大きく表示されている値段は本体の税抜き価格で、8%の消費税を上乗せした税込価格が、本体価格の下に小さく表示されていました。

消費税8%が導入される前までは、家電量販店でも基本的には税込み価格で商品は表示されていたので、私はつい、大きく表示されている「税抜き価格」が商品の値段だと錯覚してしまったのです。なるほどなあと思いつつも、どこか煙に巻かれたような気分になりました。

一方、ファッションセンターしまむらの消費税対応はどうだったかというと、消費税8%が導入された後も、従来どおり、「税込み価格」で全商品の値段を表示しているようです。私はそれを知り、ファッションセンターしまむらの消費税対応のほうが、消費者にとって良心的だな思いました。なぜなら、消費者が税抜き価格を見てそれが商品の値段だと錯覚するリスクを事前に回避しているからです、

確かに、税込み価格を表示することは、店舗にとっては、商品に割高感を感じさせ、消費者の購買意欲を減退させることにつながるかもしれません。しかし、税抜き価格を商品の価格だと錯覚してレジに足を運んだときにはじめて、大きく表示されていたのが税抜き価格だったことを知ることを考えたら、しまむらの値段表示は、消費者の目線にきっちり合っていると思うのです。

消費税8%導入後も、従来どおり「税込み価格」を堂々と表示するファッションセンターしまむらの消費税対応。そこには、割高感のある値段表示でも商品を売り切り利益を確実に出すファッションセンターしまむらの強い自信がうかがえます。一体、この税込み価格の表示がどのように、ファッションセンターしまむらの売上に影響を及ぼすのか、それとも影響はないのか今後の動向に注目です。

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

基本的に残業がない!家庭と仕事を両立する主婦たちに大人気の「ファッションセンターしまむら」

 ファッションセンターしまむらは、店舗によりますが、営業時間は朝10時〜19時と設定されています。営業時間が決められているのは他の日本企業と同じなのですが、とりわけ仕事と主婦の二足の草鞋を履く女性たちに、ファッションセンターしまむらの求人が人気なのは、基本的に「残業がない」ということです
IMG_8917.JPG
 ファッションセンターしまむらの営業時間が始まるのは(店舗によりますが)10:00です。ファションセンターしまむらの従業員たちの多くは、主婦でもありますから、朝は特に大変です。家族の朝食をつくり子供を保育園や幼稚園に送ったりするなどそれぞれの家庭の用事を済ませてからファッションセンタ−しまむらに出勤します。ただ、ほとんどが主婦でそれぞれの事情がわかっているだけに、安心感があるそうです。

 開店の30分前の9時30分までにはファッションセンターしまむらの玄関前に全員が集まり、店舗に入店するそうです。店舗に入店して照明が点灯した後、ファッションセンターしまむらの朝は、短い時間でありながら、営業時間がスタートするまでにそれぞれがテキパキと役割を分担しながら動いていきます。レジでは社員コードをバーコードでよませて出勤処理。モップで掃除、入庫するダンボール数を記入・・15分くらいの間に開店の準備をテキパキとスピーディーに済ませていくのです。そして9時45分に朝礼がスタート。店長によるあいさつ、チラシに関する説明、伝達事項などの案内があり、10時の開店を迎えます。店舗が開店した後は、従業員は来店するお客の接客をしつつ、商品センターから届いている商品のチェックや陳列作業も行っていきます。

 午後からはお客の数も増え、接客が忙しくなっていくそうです。そして閉店する19時になると店舗のシャッターが閉まります。そして、特筆すべきことに、閉店後、基本的にファッションセンターしまむらでは「残業はない」そうです。従業員たちは19時15分頃にはぞろぞろを家庭に帰っていくのだそうです。

 日本のさまざまな企業を見渡すと、閉店後の残業がほぼ慣習化されている企業も少なくありません。また、そういった残業が女性にとって働きにくい土壌となっているという指摘もなされています。一方、ファッションセンターしまむらは、基本的に、残業がありません。マニュアルやコンピューターによる仕事管理により、仕事の効率化が徹底的になされており、仕事は営業時間内にきっちりと完了してしまうため、残業をする必要性がないのだそうです。

 ファッションセンターしまむらのM社員(パート社員)の募集がなされると、店舗によっては採用人数の数10倍の応募者が集まるそうです。いかに主婦たちにファッションセンターしまむらの求人が大人気であるかがわかります。その人気の理由のひとつは、ファッションセンターしまむらの基本的に「残業がない」というスタイルにあると思います。家庭と仕事を両立する主婦たちにとって、「残業がない」ということはとても大切なことなのです。
婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

しまむらの店舗に行く前にチラシ等で買う商品を決めておくことのススメ

 ファッションセンターしまむらでうまく買い物をするにはいくつかのコツがあります。そのひとつは、新聞折込のしまむらのチラシ(またはしまむらHPのデジタルチラシ)などであらかじめ買う商品を決めてから店舗に足を運ぶということです。
IMG_9455.JPG
 他のアパレル専門店と同じような感覚でファッションセンターしまむらに買い物に行くと、買い物に失敗してしまうことがあります。例えば、ファッションセンターしまむらの店舗にいって欲しい商品を見つけたものの買うか決断がつかず、その日に買わなかったときです。

 その場合、翌日に「買うのを決めた!」となり、ファッションセンターしまむらの店舗に行ったとしても、目星をつけていた商品がどこを探しても見当たらない・・というケースになることが少なくありません。しかも、その商品がどうしても欲しくても、ファッションセンターしまむらでは基本的に同じ商品の再入荷はしていないため、入荷待ちをしていてもその商品を手にできる可能性はほとんどないでしょう

 「1日前にあった商品が、次の日に行ったらまさかの売り切れ。しかも再入荷はなし」そんな状況がファッションセンターしまむらでは多々起こりうるのです。

 なぜそういうことが起きるかというと、ファッションセンターしまむらでは、靴下や布団カバーなどを除き、婦人服も紳士服も、子供服も、同じ商品は2〜3点ほどしか店舗に陳列されていないのです。それらは売れてしまったら終わりで、再入荷は基本的にはしません。売れた商品とはまた違った商品が新たに入荷されてきて陳列されるというスタイルなのです。
image (1).jpg
 また、ファッションセンターしまむらでは、なかなか売れない商品も、ある日、しまむらの店舗に行くと、売れていないのに姿を消していたというケースも多々あります というのは、売れ残っている商品は、そのしまむらの店舗の鮮度を保つために、一度、配送センターに戻されるのです。そして売れる可能性の高い店舗がコンピューターで選定され、その店舗に運ばれて改めて陳列されるのです。

 ですから、ファッションセンターしまむらで買い物をするとき、あらかじめ商品の情報をある程度認識しておくとよいと思います。具体的には、ファッションセンターしまむらに行く前には、新聞折込みに入っているファッションセンターしまむらのチラシ(またはしまむらホームページにて閲覧出来るデジタルチラシ)などで、売れ筋商品などをチェックしておくことです。あらかじめ買いたい商品を決めておくことで、「翌日行ったら商品がなかった」という悲劇を回避することができるのです。
婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

ファッションセンターしまむらの躍進を支える主婦たちの存在感

 ファッションセンターしまむらに足を運ぶたび、ファッションセンターしまむらの店員さんたちはベテラン風の方が多くて、安心感を覚えます。例えば、どんな服やズボンを買っていいかわからないときに然りげなく質問をしても、ファッションセンターしまむらの店員さんたちは、いつも丁寧で的確な回答をしてくれるのです。その回答はというと、言葉ひとつひとつが経験からにじみ出ているもので、説得力があるのです。それは他のデパートと比べたとき、ファションセンターしまむらならではの魅力であると感じます。
IMG_9454.JPG
 そのようにファッションセンターしまむらの強みのひとつには、人生経験が豊富なベテラン風の店員さんが多いということがありますが、それは、しまむらには主婦がたくさん採用されているという背景があります。実際のところ、しまむらの全社員(正社員+パート社員*M社員)の80%以上は主婦をメインにしたパート社員で占められているそうです。

 ファッションセンターしまむらは全国に1300店舗以上があり、そのほとんどの店舗は1人の店長と10人ほどのパート社員(M社員)から構成されています。なかでもファッションセンターしまむらの社員の80%以上を占めるパート社員(M社員)は、子育てと仕事を両立する主婦たちを想定した職種です。それだけに、ファッションセンターしまむらでは、子育てをする主婦たちが仕事と家庭を両立しているケースがほとんどだったりします。

 それだけしまむらは、主婦たちの力を高く評価しているのです。結婚してフルタイムでは働けないけれど働きたい優秀な主婦たちを多くしまむらはM社員(パート社員)として採用しているのです。なかには、結婚前に都心のアパレル専門店や百貨店、デパートなどで働いた経験があるアパレル業の経験者も少なくないといいます。
IMG_9523.JPG
 なお、ファッションセンターしまむらの各店舗のトップである店長ですが、大学新卒で(株)しまむらに入社した正社員が店長になっていることもありますが、パート社員(M社員)出身の店長というケースも多いそうです。

 そのように主婦たちが大活躍しているファッションセンターしまむらは、主婦メインで運営されているだけに、他のアパレル専門店にはないさまざまな利点があらわれています。たとえば、ファッションセンターしまむらの客層は20代後半〜40代の女性ですが、それはファッションセンターしまむらのM社員たちの年齢層とぴったり重なり合うということです。

 年齢が近ければ、消費者がどのような商品を望んでいるか、どのようなサービスを望んでいるかなど、ファッションセンターしまむらのスタッフは、消費者視点で我が身と重ね合わせて考えることができるというわけです。たとえば、子育てが初めてでどんな子供服を買っていいか分からずファションセンターしまむらの店員さんに聞けば「私が子育てをしたときはですね・・(後略)」と自身の主婦として経験した話を交えながら、消費者にアドバイスをすることができるのです。消費者からしても、これ以上、有能で信頼できる従業員はいないといえるでしょう
婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

主婦たちの能力を高く評価し、M社員として採用するファッションセンターしまむら

 日本社会において、しばしば、「女性の働きにくさ」が社会問題としてクローズアップされています。さまざまな法整備により、男女の雇用機会は見かけ上は均等になり、育児休暇の取得のハードルも下がってきたものの、まだまだ問題は山積です。
IMG_9552.JPG
 たとえば、結婚した女性は、結婚前の職場になかなか復帰できないという現状があります。というのは、子供が産まれると、家族の食事をつくったり、掃除・洗濯をしたり、保育園に子供を送り迎えをしたりするなど・・職場以外でのやるべきことが増え、仕事に時間を割くことがなかなか難しくなるからです。

 しかし日本企業の多くは、結婚後に子育てと仕事を両立しようとする女性にはまだまだシビアです。というのは、同じ賃金を支払う以上、女性も男性と同じようなフルタイムの働き方をすべきという考え方の会社が多いのです。またそこでは、残業をしないと仕事が終わらないときは、男性社員だけではなく、子育てをする女性社員も例外なく残業するべきだという暗黙の了解があるのです。

 結局、仕事を育児を主婦は、資格をたくさん持っていたり、高い能力があったりするような有能な人材であっても、職場を離れざるを得なくなり、家庭にとどまってしまっているという現状があるのです。

 ただ、そういった主婦のなかには、子供が大きくなり手が離れたゆえに再び働くことを希望している主婦や、フルタイムでは働けず、育児や家事の都合を考慮してくれるなら働きたいと考えている主婦が多くいるというのが現状です。

 そんな有能な主婦が家庭に数多く埋もれてしまっていることに、しまむらは目をつけました。そして、働くことを希望している有能な主婦たちに活躍の場を与えようとしました。その試みのひとつとして、ファッションセンターしまむらが始めたのが1986年よりスタートしたM社員制度です。

 しまむらのM社員とは、パート社員という肩書きではありながら、しまむらの正社員に準じる高待遇の従業員。その待遇は、店舗によって微妙に差異はあるものの、賃金は、その地域におけるほぼ最高の水準に設定。さらにボーナスが月給の2ヶ月分支給、退職金制度ありなど良い条件が揃っています。また、本来は新卒で入社した正社員のみがなれるはずの店長職には、M社員のなかから積極的に登用するようにしました。それだけに、ファッションセンターしまむらでM社員の募集が行われるときは、採用人数の数十倍もの応募者が集まるのだそうです。
IMG_9460.JPG
 M社員には給料面以外にもさまざまなメリットがあります。家庭と仕事を両立することを前提に採用されているだけに、たとえば子供の参観日や運動会など特別な日には、繁忙期であっても休暇をもらえないか相談できるのです。その希望が叶うかは場合によりけりでしょうが、多くの場合、親身にその希望に対応してもらえるのだそうです。

 また、ファッションセンターしまむらは、基本的に残業というものがありません。これは他の日本企業と大きく異なっている点だと思います。ファッションセンターしまむらでは、その日に終わらせるべき仕事は、マニュアルによって細かく仕事が振り分けられているそうです。ゆえに、よほどのことがない限り、閉店までにすべき仕事は片付いてしまうようになっているのです。

 ですから、19時に閉店するしまむらの店舗ですと、従業員は、よほどのことがない限り、19:15で退社できるということになります。つまり、M社員たちは、その退社時間から計算して、家事の予定を立て、家族とゆったりと団欒のひとときを楽しむ予定も立てられるわけです。

 主婦たちの力を高く評価し、家庭と仕事との両立を前提に主婦たちをM社員に採用しているファッションセンターしまむら。しまむらのM社員たちはモチベーションや能力が軒並み高く、それがファッションセンターしまむらの成長における大きな原動力のひとつになっていることは言うまでもありません。
婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

個性的なユニクロに対し、しまむらは個性が乏しい?

 アパレル専門店において国内1位、2位の売上高を占めるユニクロとしまむら。ライバル同士となった2社は、比較される機会が増えてきました。そのようななか、ユニクロは個性的で、しまむらは個性がないという声をしばしば耳にします。それは本当にそうなのでしょうか?

 ユニクロとファッションセンターしまむらは、都市部に行けば、同じファッションモールに入っていたり近隣に店舗を構えていることがよくあり、私自身、比較のためにも、ユニクロとファッションセンターしまむらの2店舗とも入店することがしばしばあります。
IMG_9581.JPG
 そしてユニクロとファッションセンターしまむらの両方に入店してみると、ユニクロは個性的でファッションセンターしまむらには個性がないと感じる面は確かにあります。たとえば、それぞれが売ろうと力を入れている商品のラインナップです。しかし、それはよくよく見ていくと、両者にはまた違った個性があるということに気づかされます。

 まずユニクロですが、新商品や売れ筋商品は、大量の商品が準備されずらりと陳列されています。そして、それぞれに目立つPOPが掲げられ、消費者にその商品の魅力を伝えたいという思いがひしひし伝わってきます。またそこでは、「今年のファッションはこれだ!」というように、今年の流行もユニクロがつくっていこうという自信も伝わってきます。実際のところ、ユニクロでは、世界のトレンドを研究し尽くした専属デザーナーが商品を開発しており、店員たちは自信をもってその新商品を売り出しているという背景があります。

 ユニクロの店舗に入店すると、もちろん消費者は、自分の好みや予算にあわせてどの商品を買うかを選択するわけです。ただ、派手なPOPを掲げているユニクロ一押しの商品にどうしても目が留まるわけです。そして、「それだけユニクロさんが勧めているなら間違いない」という風に考え、その一押し商品をレジに持っていくわけです。そこでは、自発的に買い物をしていながらも、ユニクロの主張に共感し受身的な気持ちからも買い物に至る行動があるのです。

 一方、ファッションセンターしまむらというと、店舗に入ると、まず感じるのは、「なんか地味だな」と印象かもしれません。というのは、ワゴンなどでセール商品を集めているものの、売れ筋商品や新商品を大々的にアピールするコーナーといったものが見当たらないのです。また、POPはところどころ掲げられているものの、ユニクロのような商品の良さを伝える趣旨の派手なPOPはほぼありません。しかも、布団カバー、靴、靴下、おもちゃ、インテリアといった、衣類以外の商品も陳列してあったりしますし、店舗のなかを歩けば歩くほど、ファッションセンターしまむらは、一体何を売りたいのか?と分からなくなってくることでしょう。IMG_9523.JPG

 それもそのはず。ファッションセンターしまむらは、基本的に自社で商品を開発するということがほとんどなく、商品の多くは500ヶ所に及ぶメーカーから仕入れてきているのです。つまり、ファッションセンターしまむらには、おすすめの商品や、売りたい商品といったものが基本的にはないのです。

 その点を考えたとき、確かにファッションセンターしまむらは個性が乏しいといえるかもしれません。しかし、じっくりとファッションセンターしまむらの店舗に陳列されている商品を見ていくと、この一見個性がないことが、非常に個性的であることがわかってくるのです。

 というのは、ユニクロが、少アイテムを大量に品揃えしているのに対し、ファッションセンターしまむらに陳列してある商品は種類は、ユニクロと比べ物にないくらい多いのです。布団カバーや靴下などを除くと、しまむらの店舗には同じ商品は2〜3点しかなく、その代わり、商品の種類は店舗によっては数万種類にも及ぶほどなのです。

 ファッションセンスの高い衣類から、こんなの誰が着るんだ?というダサい衣類まで、ファッションセンターしまむらはとにかく商品の種類が豊富。しかも、各店舗によってそういった商品のラインナップはそれぞれ違っているのですから、ファッションセンターしまむらの店舗をいくつかハシゴしたら、無数のアイテムから商品を選ぶことが可能ということになります。

 そんなファッションセンターしまむらの店舗に足を運ぶと、消費者は、数多くある種類のなかからお好みの衣類を一から探し出すという作業を行うということになります。それは、何を買っていいか分からないという迷いも生み出すわけですが、消費者はまるでバイヤーになったような気持ちになり、お宝を探す感覚を味わえるのです。

 今やライバルと称され、しばしば比較の対象となるユニクロとしまむら。いずれも衣類専門店というカテゴリーは同じですし、良い商品をリーズナブルな価格で消費者に提供したいという思いは共通しています。しかし、商品に対する考え方はじめ、2社はまさに対照的です。そんなこともあり、消費者からすると、ユニクロ派としまむら派で好みがはっきりと分かれるかもしれません。日本のアパレル専門店の業界をリードするユニクロとしまむら。今後も切磋琢磨し合って、お互いの長所を伸ばしていって欲しいと思います。
婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

消費者を飽きさせない、ファッションセンターしまむらの工夫

 ピカピカに磨かれた大理石の床、白・ピンクを基調にした落ち着いた壁、お得商品を集めたワゴン、店員さんの笑顔とてきぱきした動作・・
IMG_9523.JPG
 洋服店のファッションセンターしまむらの店舗に足を運べば、いつも、そういった同じ景観がそこにはあります。しかし、商品をじっくりみると、微妙な変化に気付かされます

 というのは、靴下、肌着、布団カバーなど量販ものはそうでもないのですが、衣類などについては、陳列している商品が前回来たときと少しだけ変わっているのです。

 デパートやスーパーなどでは、いつ行っても、商品にほとんど変化がなくお目当ての商品がなければ、私はすぐに店を立ち去ることが多いです。しかし、洋服店のファッションセンターしまむらの場合、足を運ぶごとに、陳列している商品が変化しているだけに、改めて店舗を廻っても飽きることがありません。

 もともと、洋服店のファッションセンターしまむらが品揃えしている衣類は、種類が多くバラエティ豊かなのですが、さらにそれが来るたびにそのラインナップが微妙に変化をしているとなると、全く違うしまむらの店舗に来たような新鮮さがあるのです。結果的に、前回、洋服店のファッションセンターしまむらに来た時は見つからなかったお目当ての商品がそのとき見つかるといったことが多々あるのです。

 話によると、洋服店のファッションセンターしまむらでは、商品の鮮度を保ち、消費者を飽きさせないための工夫をいくつもしているのだとか。たとえば、店舗によりますが月ごとに商品を入れ替えることが多いのだそうです。また、それに加え、近隣の店舗との間で、数点単位で商品を行き来させることもしているのだそうです。

 少し違うかもしれませんが、イメージとしては、回転寿司のような感じでしょうか。同じ商品が、近くの数店舗をぐるぐる回っているのです。それも、店の新鮮さを保ち、消費者が同じしまむらの店舗に来ても飽きさせないための工夫のひとつなのだそうです。
IMG_9421.JPG
 何気なく足を運ぶ洋服店のファッションセンターしまむらですが、消費者が分からないところで、しまむらの従業員たちは、消費者のことを第一に考え店の鮮度を保つための努力をしているのです。一見すると、洋服店のファッションセンターしまむらは、アパレル専門店のなかで地味な存在かもしれません。しかし、派手さを敢えて出さず、そういった陰の努力を重ねていることが、リピーター獲得につながっているのではないかと思いました。

 今や、しまむらといえば、国内においてユニクロに次ぐ全国2位の売上高を誇るアパレル専門店に成長し、洋服店のファッションセンターしまむらの店舗数は全国に1300店舗を越えたそうです。消費者のことを考え、長年かけて地道に努力してきたことがこういった成果につながっているのではないかと感じました。 婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

婦人服だけではない!しまむらは、商品カテゴリーがとにかく豊富

 ファッションセンターしまむらは日本でユニクロに次ぐ第二位の売上高を誇るアパレル専門店です。アパレル専門店というと、衣類のみを品ぞろえしているイメージを持ちがちですが、ファッションセンターしまむらに限ってはそうではありません。ファッションセンターしまむらの店舗に行くと、確かに婦人服は多いですが、それ以外に、紳士服、ベビー用品、靴下、靴、ふとんカバー、雑貨、インテリア・・などと、とにかく商品のカテゴリーが多彩なのです。「消費者が欲しい商品をできる限りたくさん品ぞろえする」それをファッションセンターしまむらを運営する株式会社しまむらは第一に考えているようです。
IMG_9523.JPG
▲ファッションセンターしまむらは婦人服はじめ、紳士服、布団カバー、子供用品など商品カテゴリーが豊富

 消費者はセーターを買いに行けば、ときにはズボンや靴下なども同時に欲しくなるときもあるもの。しかし、日本のアパレル専門店の多くは、狭いカテゴリーに特化しているため、消費者はセーターを買ったらズボンと靴下については他の店にわざわざ足を運ばねばなりません。そういった消費者のニーズに応えて、ファッションセンターしまむらでは、生活にかかわる商品を広範囲で揃えているというのです。

 株式会社しまむらが消費者視点で考えていることのあらわれは、地方のしまむらの店舗の一部で、麦わら帽子が売られていることも挙げられるでしょう。ファッションセンターしまむらはトレンド商品を扱うアパレル専門店ですから、麦わら帽子とは、普通はありえない商品といえるかもしれません。しかしファッションセンターしまむらではそれらを敢えて置くことで、その地域で暮らす農家の人々のニーズも満たしているのです。

 ファッションセンターしまむらは一店舗あたり300坪ほども広さがあるのだそうです。その空間を十二分に活用して、ファッションセンターしまむらは、生活にかかわるさまざまな商品を品揃えしています 多アイテム、多カテゴリーの商品をリーズナブルな値段で提供する。それを消費者の視点で考えて実際に実行している。それがファッションセンターしまむら人気の大きな理由のひとつであることは間違いないでしょう。 婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。
スポンサーリンク

服やズボンなど衣類や靴類は日常生活で必要不可欠なもの。できれば品質がよく使い勝手のよい衣類がよいですね。
スポンサーリンク

服、靴、ズボン、布団カバーほか、より良い商品で快適な生活を。

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね

link 井上晴雄絵画作品集

楽天市場
サイト内検索
カスタム検索
スポンサーリンク
 
服やズボン、靴ほか日常的に使うものは安くて品質が良いものを揃えられればいいですよね
スポンサーリンク
はじめに
衣類や寝具、靴ほか生活に関わるものを広範囲揃えているファッションセンターしまむら。全国47都道府県に店舗を有し、安くて品質の良い商品が多数揃っていることから、ファッションセンターしまむらは、私たちの生活にもはや欠かせない存在といっても過言ではないかもしれません。

そんなファッションセンターしまむらに関する情報(営業時間、置いている商品、実際に足を運んでみたレポートほか)や雑学(しまむらの歴史、雇用スタイル、躍進の要因、系列店、最新ニュースなど)を当ブログでは書いています。皆様がファッションセンターでより良い買い物をするためのひとつの情報源になることができればと思います。
最近の記事
タグクラウド
リンク集
カテゴリ
Copyright © 人気の洋服店 ファッションセンターしまむらの店舗を巡る(東京都ほか) All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます