買い物の体験談@(口コミ)のカテゴリ記事一覧

服やズボン、靴ほか日常的に使うものは安くて品質が良いものを揃えられればいいですよね
スポンサーリンク


衣類は豊かな生活を送る上で重要なものです。

ファッションセンターしまむらはじめしまむらグループのの求人情報は、しまむらのHPに随時掲載されていますが、レジ打ちや品出しを担当するアルバイトは【アルバイトEX】 などアルバイト求人サイトでも募集されていたりします。
  • ホーム
  • »
  • 買い物の体験談@(口コミ)

カテゴリ:買い物の体験談@(口コミ)

買い物の体験談@(口コミ)のカテゴリ記事一覧。人気の洋服店 ファッションセンターしまむらの店舗を東京都を中心に巡ったレポートや体験談、しまむらに関する雑学や話題などを紹介しています

買い物の体験談@(口コミ)
 私はファッションセンターしまむらで下着類をよく買っています。自分のものだけでなく、夫や子供のもそうです。 下着って、ひんぱんに洗うものですから、質の悪いもの…

記事を読む

買い物の体験談@(口コミ)
 私の場合、ファッションセンターしまむらの店舗に訪れる前、必ずしまむらの「チラシ」(またはデジタルチラシ)を見ておくようにしています。チラシには、お得なセール…

記事を読む

買い物の体験談@(口コミ)
 私の場合、ファッションセンターしまむらで買い物をする時は、新聞の折り込みに入るチラシかネットでデジタルチラシを事前にチェックすることが多いです。どんなセール…

記事を読む

買い物の体験談@(口コミ)
ファッションセンターしまむらって、季節が終わる前に、パッとセールをしてしまいますよね。そんなセールで、季節のものを先買いしたらお得ですよね。▽ファッションセ…

記事を読む

買い物の体験談@(口コミ)
 肌着・靴下については手持ちの80%ほどがファッションセンターしまむら製品といっても過言ではないくらいのヘビーユーザーです。▽ファッションセンターしまむらで買…

記事を読む

買い物の体験談@(口コミ)
 私は会社勤めをしているので、平日はほぼ制服で過ごしてます。正直なところ、次の日の服を考えなくて済むからすごく楽といえば楽です。でも、省エネの関係でここ最近ク…

記事を読む

買い物の体験談@(口コミ)
私なりに、しまむらでの買い物をするときいつも考えていることがあります。それは、普段は着ないテイストのものも思いきって買ってみることです。 写真のドット柄のキュ…

記事を読む

買い物の体験談@(口コミ)
 私は洋服屋さんに行くとき、その時お店に着ていく服を悩むことがあります。「試着をするから、脱ぎ着をしやすいものにするかな」とか、「着まわしをしたいアイテムを着…

記事を読む

買い物の体験談@(口コミ)
子供の何か衣料品で必要になった場合、私は「ファッションセンターしまむら」をチェックすることにしています。 特にチラシが入っているときはほぼ必ずファッションセン…

記事を読む

買い物の体験談@(口コミ)
 私の近所にあるファッションセンターしまむらは、駐車場も広く車がとても停めやすいです。また、トイレがとてもきれいに清掃されていて、気持ちが良い店舗です。▽最近…

記事を読む

「夫のTシャツタイプの肌着をファッションセンターしまむらで購入!(50代女性)

 私はファッションセンターしまむらで下着類をよく買っています。自分のものだけでなく、夫や子供のもそうです。

 下着って、ひんぱんに洗うものですから、質の悪いものを買うとすぐにヨレヨレになってしまったりするんですよね。その点、ファッションセンターしまむらで購入する下着は、他店と比べて値段は安くてもしっかりしているので愛用しています。

 今日は、ファッションセンターしまむらで夫の肌着を買ってきました。半袖・丸首のいわゆるTシャツタイプのものです。

▽夫用にファッションセンターしまむらで買ったTシャツタイプの肌着
ファッション センター しまむら 下着 肌着 シャツ.JPG
 Tシャツタイプの肌着って、だいたい2枚組で透明の袋に入れられて売っていますよね。

 ハンガーにかけられて1枚1枚売っているものもありますが、2枚セットのほうが安かったりすることが多いです。ですから、私はファッションセンターしまむらでは主に2枚セットのパッケージタイプの肌着を買っています。

 ただ、問題があります。こうしたパッケージタイプのものは、中味を出してみることができないので、たまに失敗することもあるんですよね。

 値段だけ見て、「安い!」と思って買ってみたら、生地がペラペラで、いかにも耐久性に難ありだったり・・。

 ですので、最近は、値段だけでなく、必ず生地の厚みや風合いをじっくり見てから判断するようにしています。中味を出して触ることができればすぐにわかるんですけどね。ただ、下着類だとそれはNGでしょうから、袋の上から指で押したりして、ある程度判断します。

 また、パッケージに書かれた宣伝文句もチェックします。今回購入した肌着は、「消臭縫い糸を使用」・「首の後ろ部分の縫い目がじかに肌に当たらない仕上げ」、という記述が気に入りました。しかも値段は2枚で580円と激安!

 それでも、「ぺらぺらだったらどうしよう…」などとドキドキしながら、ファッションセンターしまむらから自宅までの道を歩いて帰りました。そして家に帰って開封してみました。するとそのファッションセンターしまむらで買った肌着は厚手とはいえませんが、思ったよりしっかりした生地で、よそのお店で買った780円のものより良かったくらいです。ほっとしました。
                                    (50代女性) (PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

「ファッションセンターしまむらでお目当ての商品を探すコツ」(30代女性)

 私の場合、ファッションセンターしまむらの店舗に訪れる前、必ずしまむらの「チラシ」(またはデジタルチラシ)を見ておくようにしています。チラシには、お得なセール品の情報が満載だからです。しまむらのチラシ(またはデジタルチラシ)をひととおり見てセール品で気に入ったのがもしあれば、小まめにチェックしておきます。

 そして、いざファッションセンターしまむらの店舗へ。店舗に到着すると、とりあえず店内を1周します。1周目は、買う洋服を決めるのではなく、大雑把に洋服を見て気になる商品をどこにあるのか眺めることを意識しています。それから店内を細かく見ていきます。

▽先日ファッションセンターしまむらで購入した花柄の洋服
花柄 ファッション センター しまむら 洋服.JPG
 2周目は、見落としをしない為にもどんな洋服があるのか、コーナーごとに注意しながらじっくり見ていきます。気に入った洋服があれば、まとめてかごに入れます。そして、すぐにレジに並ぶのではなく、ひとつひとつ試着室で試着します。もしサイズが合わなかったりするものがあれば、また戻って元に戻します。

 試着をじっくりとして、デザインや色彩などやはり気に入っていて、かつサイズが合った洋服だけを購入します。

 ファッションセンターしまむらには、洋服以外にもバッグや靴やインテリア用品などの商品も充実しています。靴やインテリア用品を買うときも、私は洋服を買うときと同じ要領で店内をまわります。気に入ったのがあればかごに入れて合うかどうか確かめてから購入します。

 私はファッションセンターしまむらに行くと、良い買い物をできるよう、なるべく時間をかけて買い物することを意識しています。ただ、時間がない場合は、1周目は飛ばして、店内に入ってからすぐに商品をじっくり細かく見る作業を行っています。

 そのときのコツですが、ファッションセンターしまむらは、レジや入口付近に結構オススメな物が置いてあることが多いです。そこあたりにまず注目します。あとはセール品を重点的にチェックすることです。しまむらのセール品は赤い札があるのですぐにわかります。

 先日、ファッションセンターしまむらに行った時、時間がなかったのでザッと見て目に付いて気に入った商品(写真の洋服)を買いました。私好みのもので、しかも安く手に入ったので大満足です。事前にチラシ(またはデジタルチラシ)を見ていたことや、セール品などを重点的にチェックしたこともあって結構、一瞬で視野に入ってきたので見つけ易かったです。

 ファッションセンターしまむらは商品の種類が多く、うまく探せば掘り出し物がごろごろと見つかる洋服店です。そのためには、じっくりと時間をかけることがやはり最善だと思います。今度ファッションセンターしまむらに行くときは、じっくり自分好みの商品を沢山安く手に入れようと思っています。
                               (30代女性) (PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

「衝動買いをしすぎないための、しまむらで買い物をするコツ」(20代女性)

 私の場合、ファッションセンターしまむらで買い物をする時は、新聞の折り込みに入るチラシかネットでデジタルチラシを事前にチェックすることが多いです。どんなセール商品が販売されているのか、どんな季節ものが出ているのかを調べておくのです。そんな風にチラシ(またはデジタルチラシ)で調べているうちに、欲しいものが定まってきて、ますますお店に足を運びたくなりますね。
ファッションセンターしまむら 服.JPG
△ファッションセンターしまむらで買ったお気に入りの洋服

 ファッションセンターしまむらには洋服(婦人服、紳士服、子供服など)はもちろんのこと、下着、靴、寝具など、生活にかかわる衣料品や日用品の大抵は揃っています。また、各商品は安い!ですから、ファッションセンターしまむらの店舗を歩いていると、チラシ(デジタルチラシ)に載っていたお得なセール品以外にも、必要な物を思い出したりしてついつい衝動買いしがちになるかもしれません。

 衝動買いをするのは悪いことではありません。むしろ、ファッションセンターしまむらでの買い物の大きな楽しみごとだと思います。ただ、安いという理由だけでちょっと気になったものを買ってしまうと、結局は、あまり使わずじまいのもので自宅のタンスがあふれてしまうといったことになりかねません。

 そうならないよう私が必ずやっていることは、お得な商品や掘り出し物を見つけたとき、一呼吸置くことです。そして、本当にその商品が気に入っているのかを自問するとともに、値段以上に見えるかどうかを判別するようにしています。

 ファッションセンターしまむらは、商品の品ぞろえが豊富で、とにかく他店より圧倒的に値段が安いです。ですから、つい「安い!」ということで反射的に買い物かごに入れてしまいがちです。しかしそれでは、自宅に帰った後に「よくよく考えてみれば、必要なかったかも・・?」みたいになりかねません。私はそのようにならないためにも、デザインや使い勝手のどこが気に入ったのかなどを客観的に分析するようにしています。値段以外のどの部分に惹かれたのかを考えるのです。

 そのうえで、その「欲しい!」と思った商品が「値段より高く見える商品かどうか」を考えます。特に服の場合、それは重要です。というのはファッションセンターしまむらは、服の種類がとにかく多いので、安っぽく見えるものと、値段以上に見えるものが混在しているのです。他店で高く売っているものがファッションセンターしまむらで安く売っているなどのケースは狙い目だと思います。

 あと、買いたい商品が決まれば、すぐにレジに並ばず、まずは試着してみることをお勧めします。なぜなら、ファッションセンターしまむらには、サイズや柄のバリエーションも多いためです。大きめサイズの衣類も充実しています。以前は、安さに気持ちが焦って試着せずに買ってしまい、自分の体型と似合わずに残念な思いをしたことがありました。といっても、値段が安いだけに、返品もはばかられますし・・ですから、手間はかかっても、しっかりと試着をして、似合うかどうか寸法はぴったりかどうかを確かめて購入すると間違いがないと思います。

                                  (20代女性) (PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

「しまむらのセールで季節ものが売り切れたときの、私なりの買い物術」(40代女性)

ファッションセンターしまむらって、季節が終わる前に、パッとセールをしてしまいますよね。そんなセールで、季節のものを先買いしたらお得ですよね。

▽ファッションセンターしまむらで買った子供服。季節もののセールはかなりねらい目!ピンク子供服.JPG
 季節ものをセールで確実に買う私なりの方法ですが、「少し寒い地域にあるファッションセンターしまむら」に行くことです。そうすると、まだセールをしたりしてるんです。ファッションセンターしまむらは地域密着型の洋服店であるだけに、地元の気候にあわせて商品のラインナップが違っているそうなんです。

 同じ市町村でもちょっとあっちのほうが寒いとか、団地の上のほうは寒いとかありますよね。そういうところにあるファッションセンターしまむらに行くと、自分の町よりちょっと遅れてセールをしてるのですよ。

 自分の町のセールが売り切れる頃に「あ、もうちょっと前にセールに行っておけばよかった・・」という感じの私にはこの方法がかなり有効です。

他の地域のファッションセンターしまむらに行くときのコツですが、少し田舎に行くと県道沿いにファッションセンターしまむらの店舗があることが多いです。そこはかなりねらい目。商品が他の人とまずかぶらなくなります。

あと、私は、ちょっとした旅行に行くことが決まると、その道中にファッションセンターしまむらがないか事前に調べておいて、もしあれば主人に必ず「しまむらに寄って!!」とお願いします。

だって、かわいい服が売り切れていたら元も子もないですもんね。例えば、大阪と愛媛なんかでは品揃えも違っていて、店舗ごとに掘り出し物がけっこうあるんですよ。主人には、「旅行じゃなくてファッションセンターしまむら巡りじゃないか・・」と、ボヤかれていますが、負けてはいられません!
                      (40代女性) (PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

「20代独身男性が語るしまむらでのお買い物」(20代男性)

 肌着・靴下については手持ちの80%ほどがファッションセンターしまむら製品といっても過言ではないくらいのヘビーユーザーです。

▽ファッションセンターしまむらで買ったタンクトップ
 ファッション センター しまむら タンクトップ.jpg
私がファッションセンターしまむらを利用するのは、肌着・靴下・寝具などの生活の基礎を支える商品を購入するときが多いです。

普段からチラシなどでファッションターしまむらの情報をチェックしているというわけではありませんが、いつ行ってもそれなりの品ぞろえと安心の低価格で買い物をすることができるので、非常に助かっております。

 私がファッションセンターしまむらの店舗に着いてからの買い物時の動きですが、まずは自分が求めているものが陳列されているコーナーに向かいます。

 私の場合、靴下かインナーTシャツのことが多いです。ファッションセンターしまむらはどの商品も安いので、靴下だと3足、Tシャツだと色違いで2枚まとめて購入することが多いです。

 お目当ての品を見つけた後は、さらっとメンズコーナーを眺めます。私の場合、そのコーナーで購入することも試着することもほとんどありませんが、必要なときがきたときに眺めておくと何かと便利です。

 続いて寝具・インテリアコーナーに向かいます。私の場合、そのコーナーにはシーツや枕カバーを求めていくことが多いです。ファッションセンターしまむらは、寝具やインテリアも価格が安く品質も特に困ったことがありません。コスト的にも製品的にもありがたいレベルの品が多いのです。

 私は基本この2コーナーを回るのみです。ただ、いつ行っても安定した商品ラインアップと安心の低価格ですので、20代独身男性としても本当に助かっています。ファッションセンターしまむらを今後も利用し続けたいと思っております。                                              (20代男性) (PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

「しまむらで買ったカーディガンと私なりの買い物の方法」(30代女性)

 私は会社勤めをしているので、平日はほぼ制服で過ごしてます。正直なところ、次の日の服を考えなくて済むからすごく楽といえば楽です。でも、省エネの関係でここ最近クーラーがお昼すぎてもつかないことが結構あるんです。そうなると、もう汗じっとりかいちゃうぐらい暑いんです。ですから、窓を開けて自然風で我慢する日々が続いています。

 私の職場の制服は季節は関係なく、裏地が冬用のナイロンで、生地も毛が混ざっています。ですから、夏場はすごく暑くて・・ですから、先日ファッションセンターしまむらへ行き、職場に合いそうなカーディガンを探してきました。

▽ファッションセンターしまむらで買ったカーディガン
しまむら ファッション センター カーディガン.jpg
 ファッションセンターしまむらは、これが「欲しいっ!」て目的のものを決めて行くのもよいと思います。ただ、店舗にいけば、同じようなものが違う素材であったりと楽しい迷いもありますが。

 先日もこれを見越して見に行ったのですが、予想通り、やっぱりファッションセンターしまむらには、カーディガンもたくさん種類がありました。

 「会社で着ることができ、ベストを着ていなくても変じゃなくて、涼しそうな素材・・」などと職場に合うようなカーディガンをイメージしながら店舗のなかを2周。そして良い感じのカーディガンが見つかったのです。念のために試着も済ませ決めました(画像は選んだカーディガンです)。

 ファッションセンターしまむらはお目当ての商品が決まっていないまま行くと、服の種類がいっぱいあるので迷って時間がなくなっちゃいます。なので、ファッションセンターしまむらの広告(チラシやデジタルチラシ)を事前におくとよいと思います。「こんな感じのが欲しいなって」っていう風にファッションセンターしまむらの広告(チラシやデジタルチラシ)であらかじめ、大まかなイメージを固めてから出かけるのです。

 私の場合、ファッションセンターしまむらの広告(チラシやデジタルチラシ)で見て「いいな!」って思った商品と併せて、偶然見つけた「これもいいな!」という違うものも購入するケースが多いです。こういう買い方だとそれほど時間をかけずに済みます。

 あと、ファッションセンターしまむらは商品の値段が安いだけに、ちょっと冒険したい時に買うというのもおすすめです。私の場合、流行ものは大体ファッションセンターしまむらで購入しています。                              (30代女性) (PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

「大学の音楽祭用に、ドット柄のキュロットをしまむらで購入」(20代女性)

私なりに、しまむらでの買い物をするときいつも考えていることがあります。それは、普段は着ないテイストのものも思いきって買ってみることです。

写真のドット柄のキュロットは、ファッションセンターしまむらで、ずいぶん勇気を出して購入したものでした。 水玉.jpg△ファッションセンターしまむらで購入した ドット柄のキュロット

というのは、このキュロットを着るまでは、私は普段はワンピースを着ることが多く、それも無地のものばかりだったからです。

スカートも足首丈の長いものばかりですし(しかも無地)、ハタチを過ぎてからは冒険することを好まなくなっていたのです。

そんななか、何故こちらのキュロットを購入してようかと思ったかと言いますと、必要に迫られたからです。買ったのは大学の音楽サークルに所属していた頃。

音楽サークルでは、毎年文化祭に出演する機会があり、その際メンバーと衣装合わせをするようにしていました。ある年に「水玉の服で揃える」とテーマが決まり、ちょうど水玉のワンピースを持っていたのでそれを着ようと思っていたところ、他のメンバーに先越されてしまったのです。

仕方がないので、水玉アイテムをゲットするために私はファッションセンターしまむらを訪ねました。

ファッションセンターしまむらには水玉模様のお洋服がたくさんあり、どれにすればいいのか目移りしたほどです。あんまり柄が大きかったりカラフルだと恥ずかしいので、シンプルなドット柄のキュロットを購入しました。

もしこの世にファッションしまむらがなければ、当時の私はなけなしのお金をはたいて水玉アイテムを買っていたと思います。しかし結果的に、このシンプルなドット柄のキュロットはとても良かったです。ファッションセンターしまむらで買って正解でした。
                   (20代女性) (PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

「ファッションセンターしまむらは庶民的で気楽に入れるお店!」(50代女性)

 私は洋服屋さんに行くとき、その時お店に着ていく服を悩むことがあります。「試着をするから、脱ぎ着をしやすいものにするかな」とか、「着まわしをしたいアイテムを着ていって、それと他の服とのバランスを見たいかも」とか・・。

▽先日、ファッションセンターしまむらで買ったトレーニングウェア
トレーニングウェア ファッション センター しまむら.JPG
 なぜそんなに悩んでしまうかというと、お店によっては、あんまり砕けた格好は入りづらい…ということもあるからです。たとえばトレーニングウェア姿だと、スポーツ用品店ならともかく、洋服屋さんに入るのって、勇気が要りませんか?

 でも、ファッションセンターしまむらの場合、心配はいりません。というのは、ファッションセンターしまむらはとても庶民的な洋服店なのでラフな格好でも入りづらいと思うことはないからです。気楽な気持ちで入れる。だからとても助かっています。

 先日、ファッションセンターしまむらに、トレーニングウェアを買いに行きました。自分の持っているトレーニングウェアの黒い上着に合わせたパンツを買いたいと思ったのです。

 ただ、単に黒のパンツが欲しいといっても、微妙に色味が違うことがあるので、やはり手持ちの上着と色を合わせてみたいと思いました。そのため、トレーニングジャケット着用で、ファッションセンターしまむらの店舗に行ってみました。

 その日ファッションセンターしまむらに来店しているお客さんも、皆どちらかというラフなスタイルでしたので、あまり気になりませんでした。だから、肩の力を入れる必要がなく、気楽に入店することができました。

 ファッションセンターしまむらが入りやすいお店なのは、洋服だけでなく、下着とか、日用品とかも売っているお店だからかもしれません。あと、ファッションセンターしまむらでは、店員さんがあれこれ話しかけてきたりということもないですし、ゆっくり、じっくり服を選ぶことができる点も良いなと感じます。

 今回も、ファッションセンターしまむらでは落ち着いて、良い買い物をすることができました。そこでは、色味も合うトレーニングパンツを選ぶことができたのです。また、ファッションセンターしまむらでは、しっかり試着もした上で、ぴったりのものを買うことができた点も満足です。
                                    (50代女性) (PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

「男の子用の下着や靴下の買い物はファッションセンターしまむらがお勧め」(30代主婦)

子供の何か衣料品で必要になった場合、私は「ファッションセンターしまむら」をチェックすることにしています。

 特にチラシが入っているときはほぼ必ずファッションセンターしまむらに買い物に出かけています。チラシが入っているときは季節商品が安くなっていることが多く、来年用に、少し大きめの子供服を買うためです。

 子どもは小さいときに成長が早いですから、安い価格で子供服を買えるファッションセンターしまむらは重宝しています。子供服は必要なものですが、子供がすぐ大きくなって着れなくなることを考えたたら、ファッションセンターしまむらのようなお店で少しでも安く買うことは必要だからです。

 ただ、子供は小学校の高学年から中学生になるとおしゃれに興味が出だします。やたらと買いあさっておくと、全く袖すら通してくれない洋服が出たりしますので、ご注意ください。

▽ファッションセンターしまむらで買った男の子用の下着
男の子 下着 しまむら ファッション センター.JPG
ちなみに男の子と女の子の両方を育ててきた経験からいいますと、下着や靴下にまで文句を言う女の子は大変かもしれませんが、男の子は下着や靴下にあまり文句は言いません。もし仮に私の買ってくる下着や靴下に文句があるならば、「自分で選びなさい」と言ってファッションセンターしまむらに行かせても、どれでも安いので金銭的にあまり心配する事はないでしょう。

 我が家の場合、子供が小さいころの子供服はファッションセンターしまむらで事が足りてしまいました。男の子は特に安い子供服を選ぶと良いと思います。男の子はアウトドアで粗い遊びが好きなので、ドロドロに汚したり破ったりしますから。私は当初、下の兄弟の事を考えて値段の高い店で買い物をしていましたが、下の兄弟に渡るころにはその子供服は雑巾のようになってしまいました。そういったことが子育てのなかではよくあることなのです。それからというもの、子供の下着や靴下はファッションセンターしまむらで買うようになりました。

 そんな点も含め、子供が好きな洋服を安く買ってあげることが出来るのがファッションセンターしまむらのいい所だと思います。
                                     (30代女性) (PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。

「私流のしまむらでのお買い物の順路」(30代女性)

 私の近所にあるファッションセンターしまむらは、駐車場も広く車がとても停めやすいです。また、トイレがとてもきれいに清掃されていて、気持ちが良い店舗です。

▽最近、ファッションセンターしまむらで買った洋服は、私のヘビーローテーションアイテムに!
しまむら 最近、ファッションセンターしまむらで買った洋服は、私のヘビーローテーションアイテムに!JPG
 私はファッションセンターしまむらの店舗に着いたら、まずトイレに行きます。私の行きつけのファッションセンターしまむらの場合、店舗のトイレはお店に入ってすぐの場所にあります。そして手を洗います。もちろんトイレに行ったら手を洗うのは当然ですが、仮にトイレにいって用を足さなくても手をきれいに洗います。なぜなら、お店の洋服をたくさん手にとって見るのに、清潔な手で触らないと失礼かなと思うからです。

 そして、いざファッションセンターしまむらの中へ。まず、婦人服が目に留まりますが、主人に申し訳ないので奥の紳士服のコーナーへ向かいます。主人に合いそうな服はないか一通り見て、掘り出し物があれば手に取り、購入です。

 ちなみに我が家では主人の服は私がコーディネートしています。主人に好みが特にないこともあり、主人は私が選んだものであれば何でも着てくれます。ですので、紳士服の種類も充実しているファッションセンターしまむらでは主人の服を選ぶことは大変楽ですし、すぐに決めることができます。

 主人の服を選んだ後、申し訳なさもぬぐえたので私の服選びに足を向けます。基本的にきれい目の服のコーナーからまわります。なぜなら、いつも必要ではないものの、掘り出し物の価格で服があり、お得感が味わえることがあるからです。ですのでファッションセンターしまむらでは、そこあたりを一通り巡って良さそうな掘り出し物はないかチェックした上で、普段着のコーナーへ向かいます。

 先日、この掘り出し物のコーナーで半額以下になっている商品を見つけました。それほど欲しい商品ではなかったのですが、お得感があったので「いつか着るかもしれないからいいかな」といった感覚で購入しました。(写真はその時のものです)。そんな軽い気持ちで。この服はファッションセンターしまむらで購入したのですが、すっかり気にいってしまい、今はヘビーローテーションしています。
                                      (30代女性) (PR)アパレル派遣なび

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。
スポンサーリンク

洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。
スポンサーリンク

服やズボンなど衣類や靴類は日常生活で必要不可欠なもの。できれば品質がよく使い勝手のよい衣類がよいですね。
スポンサーリンク

服、靴、ズボン、布団カバーほか、より良い商品で快適な生活を。

子供さんがいるご家庭では、子供は成長が早くすぐに服が着られなくなってしまうので、安くて品質が良いものを揃えられればいいですね

link 井上晴雄絵画作品集

楽天市場
 
服やズボン、靴ほか日常的に使うものは安くて品質が良いものを揃えられればいいですよね
スポンサーリンク
サイト内検索
Custom Search
カテゴリ
はじめに
衣類や寝具、靴ほか生活に関わるものを広範囲揃えているファッションセンターしまむら。全国47都道府県に店舗を有し、安くて品質の良い商品が多数揃っていることから、ファッションセンターしまむらは、私たちの生活にもはや欠かせない存在といっても過言ではないかもしれません。

そんなファッションセンターしまむらに関する情報(営業時間、置いている商品、実際に足を運んでみたレポートほか)や雑学(しまむらの歴史、雇用スタイル、躍進の要因、系列店、最新ニュースなど)を当ブログでは書いています。皆様がファッションセンターでより良い買い物をするためのひとつの情報源になることができればと思います。
人気記事
    リンク集
    黒豆ラングドシャ

    ・・黒豆粉をまぶしたサクサクのビスケット風の生地にミルクチョコレートをサンド。ティータイムにぴったりのお菓子です。

    Copyright © 人気の洋服店 ファッションセンターしまむらの店舗を巡る(東京都ほか) All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。