私が行きつけのしまむらの店舗は、東京都日野市にある「ファッションセンターしまむら豊田南店」です。「ファッションセンターしまむら豊田南店」(東京都日野市)は主要道路から少し奥に入ったところに立っていることもあり、特に混みあっているような店舗ではありません。ですから、いつもゆっくりのんびりと店舗に陳列されている商品を見ることができています。

ファッションセンターしまむら豊田南店
所在地:東京都日野市豊田1-26-2
営業時間:10:00〜19:00
最寄り駅:豊田駅(JR 中央本線)

「ファッションセンターしまむら豊田南店」(東京都日野市)の店舗に入ると、まず入ってすぐのところにあるレジ近くに、値下げされた商品を集めたラックにあります。そのラックでは、お買い得商品がイロイロ見つかりやすいので、私は必ずそのコーナーから見るようにしています。その後は下着売り場、男性もの、女性ものとじっくりと見ていきます。

私がしまむらで洋服を買う理由としては、価格が安いというのが一番ですが、街に着ていっても他の人とダブルことがなく安心して着ていられるという理由もあります。というのも、ユニクロなど他店ではインナー等下にきて隠れるものはいいのですが、シャツなど外へ着るものは結構ダブってしまってバツが悪いなと思うことも多々あったのです。

その点、しまむらは同じ形でも柄などが違ったりとほぼ一点もののようなものが多いように感じます。ですから街に買った洋服を着て行っても、他人とダブル可能性が極めて低いのです。そんなこともあって、私はもちろんのこと、高校生の娘も「しまむら大好き人間」です。しまむらに行けば何かある!なんて日々考えながら過ごしています。また、娘の場合、無地が多いユニクロを好まず程よくデザイン性のあるしまむらが好きなようです。

ちなみに近々、娘は修学旅行を控えています。高校生なので制服で行くのかと思いきや、すべて私服とのこと。今期末試験真っ最中で、試験が終わったらすぐに修学旅行の支度をしなければならない状況ですが、特に焦りはないようです。なぜなら、「しまむら」という絶対的に頼りになるお店があるからです!

そんな私も、「ファッションセンターしまむら豊田南店」(東京都日野市)に立ち寄ったとき、春用のファッションを眺めていて、良さそうなものがあったら一緒にゲットしてこようと考えたりしています。それだけしまむらという存在はとても大きく頼りになります

ただ少し残念なのは我が家には中学生の息子もいるのですが、「ファッションセンターしまむら豊田南店」(東京都日野市)にはティーンエイジャーのメンズ向けの品数がやや少ないかなと感じます。「おやじ向け」「子供向け」はそこそこあるので、中学生高校生男子向けのものも同じくらいあってもいいかなと思ったりします。とはいえ、中学生の息子にも合いそうな下着・靴下はお手頃価格で種類もいろいろあるので、本当に助かっています。

「ファッションセンターしまむら豊田南店」(東京都日野市)に行けば、必ずと言っていいほど欲しいものが見つかります。高校生の娘はとてもかわいい下着がいっぱいあるので、毎回買って欲しいとせがまれ私が少々困るくらいです。そんなお財布に優しい、そして掘り出し物がいっぱいある「しまむら」が大好きです。娘のテストが早く終わって、娘と一緒に「ファッションセンターしまむら豊田南店」(東京都日野市)へ宝探しに出かけたいなと思う今日この頃です。
           (しまむら豊田南店の店舗情報|東京都在住 40代女性)

自分の適性に合った衣類を見つけることは幸せにつながることでしょう

スポンサーリンク

買い物をしながら心に留まる風景を見つけるのも、お出かけの醍醐味であると感じます

<心が疲れたあなたに癒しの世界を> ・井上晴雄さんの絵画作品集

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえで欠かせないものです。ファッションセンターしまむらの場合、基本的に1点ものが中心で、他の店舗を探しても同じような衣類が見つかることはなかなかありません。それだけに、他の人と服装がかぶりにくいというメリットもあることでしょう。それに加え、自分だけのオリジナリティあふれる組み合わせのコーデを楽しむことができる楽しさもあろうと思います。それがひとりひとりの個性を輝かせることにもつながるような気もします。お値打ちの商品であっても思いもよらないほど安価で販売されているケースもあります。特に季節外れのワゴン商品は掘り出し物の宝庫。そんな掘り出し物を探すことも含めてさまざまな店舗を巡ってみると、買い物の楽しみ方は無限大だといえるかもしれません。
スポンサーリンク
洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。