ちなみに、私がよく行くしまむらの店舗は、東京都内にあるファッションセンターしまむら西葛西店である。店舗へのアクセスは、地下鉄東西線西葛西駅から歩いて5分ほど。北出口を出て直進し、ジーユーの店舗をこえて突き当たりにあるABCマートの右に立地するサニーモール内にある。サニーモールのエスカレーターを上ると店舗が見えてくる。店舗面積はかなり大きく、女性服に限らず紳士服も充実している店舗だ。


ファッションセンターしまむらサニーモール西葛西店
所在地 東京都江戸川区西葛西4-2-28 (サニーモール西葛西2F)
営業時間:10:00〜20:00
最寄り駅:西葛西駅(東京メトロ 東西線)
同一敷地内店舗
アベイルサニーモール西葛西店
バースデイサニーモール西葛西店

ファッションセンターしまむらといえば、超低価格なイメージがある。確かに「安かろう、悪かろう」のダサい商品もあるが、たくさんの良品が隠れているお店だと思う。今回は、私の長年しまむらで買い物をしてきた経験を活かしてしまむらでの服の選び方を述べたい。

1.無地ならデザインは関係ない

ファッションセンターしまむら西葛西店にはデザイン的に奇抜なものもあり、他の洋服店とは乖離している商品もある。しかし、それは絵柄がプリントされているものや、文字が印字してる服に限る話だ。無地ならば、どんなデザインだろうが関係ない。だから、私はファッションセンターしまむらで買い物するときは無地のものを選ぶようにしている。例えば夏なら無地のTシャツ、冬ならパーカーといった具合に、季節に応じて購入するものを使い分けているのだ。

女性なら、ファッションセンターしまむら西葛西店は婦人服の種類がとにかく多く、おすすめである。私の知人の女性は、パーティードレスを購入するときに、ファッションセンターしまむらを利用するという。その理由は安くて選択肢が多いからである。実際に私も知人とファッションセンターしまむら西葛西店の店舗へドレスを買いに行ったことがある。ドレスは無地のデザインがほとんどなので、あとは材質や色で好みのものであれば高確率で購入してくれるだろうと感じた。

2.気分転換に買い物するものいい


ファッションセンターしまむら西葛西店は、良い意味で既存の価値観を破壊してくれる店舗だと思う。そんな意味でおすすめなのは文字がプリントされたTシャツだ。一体どんな意図で作られたのか、文字に込められたメッセージは何なのかを考えるだけで、しまむらでのショッピングは断然楽しくなるからだ。
特に英語の文字がプリントされたTシャツ達は、時には芸術品なのかと勘違いするくらい、面白いメッセージが印字されているものもある。

また、絵柄がプリントされたTシャツも非常に愉快なものもある。昨年はスターウォーズの新作が公開されたこともあり、しまむらはそれに便乗し、スターウォーズのTシャツを大量に仕入れて販売していた。しかし、そのデザインがなんとも言えないセンスのものもあり、見ているだけで楽しかった。ダースベイターの使い方には、まだまだこんな工夫ができるのか!と大変感心したものだ。
            (しまむら西葛西店の店舗情報|東京都在住20代男性)

古びた駅舎、郷土の食材を使った駅弁、出会う人々、車窓に流れる四季折々の風景・・鉄道をつかった旅にはさまざまな魅力があります。

スポンサーリンク

買い物をしながら心に留まる風景を見つけるのも、お出かけの醍醐味であると感じます。

スポンサードリンク

井上晴雄 絵画作品集〜日本の旅風景〜

婦人服や紳士服、子供服をはじめとする衣類や靴類、寝具などは、私たちが豊かで快適な生活を送るうえでとても大切なものです。
スポンサーリンク

使い勝手の良さ、デザイン、好みの色、大きさ、耐久性などいろいろな要素が揃ったものをゲットし身に着けて、心身共に健康で明るい毎日を過ごすことができればベストだと思います。洋服を売っていることは同じであっても、お店によって運営方針や、想定している客層が全く違っているというケースがあります。例えば、あるアパレル店では、若い男女を客層に想定しており、専属デザイナーデザインによる少ない種類の商品を大量に販売するスタンスで売り上げを伸ばしています。一方、そのライバル店は、自社でデザインすることはあまりせずバイヤーが多種類の商品を仕入れてきます。 (PR)アパレル派遣なび そして数え切れないほど多種類のデザインの商品を店頭に並べてるという方針をとっています。お店の特徴や価格帯を知った上で買い物にでかけると、よりよい買い物をできると思います。 洋服や靴、寝具の素材はさまざま。コーディネートを楽しみつつ自分に合った使い勝手のよいものを選ぶことができるとよいですね。